09. 8月 2018 · August7, 2018* 「ピカソ!いったい何が天才なのか」ピカソの天才性について考えてみた。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 日記
8月5日、名古屋市千種区今池のアート倶楽部[カルチェラタン]で、芸術を巡る物語「ピカソ!いったい何が天才なのか」というテーマで講演。
ピカソといえば、「天才ピカソ」と言うくらいあたりまえになっている。
2年前、愛知県美術館で開催された展覧会名の「ピカソ、天才の秘密」というように天才を前提としたものだ。
果たしてピカソは本当に天才なのか。天才としたら何が天才なのか。その理由は何か。
私は、「ピカソは天才ではない」という仮説で考えてみた。
理由は、天才が併せ持つ狂気は全く見当たらず、何の努力もなしにフッと名作が生まれるといった状況では決してないからである。
画風が何度も変化してきたことは、ピカソの追求の苦悩の形と言える。
代表作のゲルニカは誰もが認める名作であるが、その膨大な習作の中身は天才の姿ではない。
代名詞となるキュビスムに至ってもブラックとの共同研究である。
うまくいかないから何枚も何枚も描く。
8歳で描いたデッサンは超人的なものだが、ピカソはそこに満たされたわけではなく、そこを評価されることはむしろ拒否すべき点であったろうと考えられる。
飽くなき追求の結果として、14万点を超えるピカソ作品は、天才を裏付けるものではない実証物件。
しかし、「天才ピカソ」はピカソ自身が求めたものであり、世界一多作で、総額世界一高額で、世界一有名なピカソは誰もが天才と認めた。
そしてピカソは天才ではなく、「ピカソは天才になった」と思う。
05. 8月 2018 · August 5, 2018* 「第33回 風景の会 絵画展ー瀬戸を描くー」瀬戸はやきものの土の風景。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 日記
東海地方、第一線で活躍する洋画家、日本画家、版画家が会派を越えて風景を描き、発表し続けている。
今年で33年目。
今年は瀬戸市がテーマ。
山、川、町、多面的な瀬戸であるが、全貌すると焼きものの土の匂いが大地の力となった風景だ。
8月7日まで、松坂屋名古屋展本館美術画廊。
02. 8月 2018 · August 1, 2018* 「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」ポスターコレクションの底力。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 日記
猛暑の中、三重県立美術館で開催中の「サヴィニャック展」に行ってきた。
8月の館長アートトークの準備でもある。
入口の看板から、展示会場への案内、ロビーのSNS用エンターテイメントなど、サヴィニャックのキャラクターをうまく使って迎えてくれる。サヴィニャックマジックに包まれる楽しさだ。
サヴィニャックは20世後半のフランスのグラフィックデザイナーであるが、原画、リトグラフによるポスター、ポスターの掲示風景写真と完璧にコレクションされている。さすが芸術の国フランスである。
日本でもサヴィニャックと同評価の世界的グラフィックデザイナーは数十人レベルでいるが、これほどきちんと保存記録されていることはない。
ポスターコレクションそのものが、富山県美術館をはじめとするわずかの美術館でしかない。
それはともかく、「サヴィニャック展」は素晴らしかった。
ポスターの訴求力、街に掲示されることを前提とした楽しさ、明るさ、幸せさのすべてがアイデア、ユーモアに込められている。
31. 7月 2018 · July 30, 2018*  極小美術館の2つの個展。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 日記

岐阜池田町の極小美術館へ、現在開催中の「加藤由朗展」「南谷富貴展」を観てきました。

「加藤由朗展」

グラフィックデザイナーとして50年、加藤さんのコンセプトの力強さは変わらず、凄い。

デザインの大きな力はアイデア。そしてそれをヴィジュアル化するセンス。単体としては1枚のポスター、個展会場ではそれらが群れのパワーとなって迫ってくる。

 

「南谷富貴展」

木片ブロックでインスタレーションを展開している南谷さんは、今展ではひび割れた木材から採取、ブロックに委ねる形が魅力的。

「ブロックを塗装していると、ずっとピシッ ピシッって音がし続けている」という話が印象的だった。

自然からのラストメッセージを身体でキャッチしながら制作している。自然への敬意と自らの造形が美しいセッションを奏でている。

  

9/2まで、観覧無料。
必ず予約の電話090−5853−3766を。
28. 7月 2018 · July 28, 2018*  印象派を堪能する展覧会。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 日記
7/28より「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」が‬名古屋市美術館で始まりました。
昨日、レセプション内覧会に参加してきました。
多くの人が詰めかけ会期中の人気が予想される状況、‪印象派好きにはたまらない展覧会です。
撮影可のモネの「睡蓮」、コスプレコーナーなどに人が集まっていました。
私は、ブラックの「ヴァイオリニスト」‬ドガの「14歳の小さな踊り子」に感動でした。
‪9/24まで。‬