08. 6月 2014 · June 7, 2014* 清須市の大祭「尾張西枇杷島まつり」を堪能。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

 梅雨空に入って、今日も昼間は雨のぱらつく土曜日。しかし、夕方になって晴れるという祭り日和、名鉄津島線に乗って西枇杷島で下車、「尾張西枇杷島まつり」に出かけた。

 この土日の2日間で20万人と言う人出を噂に、初めて出かけたお祭りはワクワクしっぱなし。西枇杷島駅から賑わいが始まり、西枇杷島本通りに入ると夜店がぎっしりと連なり、人、人、人。

 からくりで人気の五両の山車は、夕方からは曳き回されることはなく、飾られているだけだが、それでももの凄く立派で、動く最高工芸品とも呼ぶことができる。

 土曜日の夜は、数百発の花火が打ち上げられ、腹に響く音とともに、見事な美しさを堪能した。

http://nishibi.net/

6/7枇杷島祭1 のコピー 6/7枇杷島祭3 のコピー 6/7枇杷島祭15 6/7枇杷島祭16

07. 6月 2014 · June 7, 2014* 「鳥羽美花展」に、外国人の来場者。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

 6月6日午後、名古屋造形大学に訪問のアメリカ・ボイジー州立大学の学生、フィンランド、香港の名古屋造形大学交換留学生、それに名古屋造形大学の学生が37名、先生の引率で来場された。

 一通り鑑賞の後、鳥羽美花さんが英語通訳付きでギャラリートーク。日本の伝統技法「型染め」「屏風」に興味津々、またヴェトナムという国の歴史を含めての関心も大きな反応があった。

 鳥羽美花さんは清須市在住の作家で、国内外に活躍されている。こういう機会に、清須市をはじめ地元の方々に観ていただくことはとても嬉しいことだが、美術館での展覧会はさらに広く開かれているもの。地域を越えて、あるいは日本から世界へ、美術発信して行く機会をもてること、それも美術館の大切な役割りの一つである。

6/6鳥羽美花展4

6/6鳥羽美花展1