11. 4月 2019 · April 11, 2019 * デパ地下で個展、攻めるアート。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

4月10日より23日までの2週間、名古屋栄の名古屋三越栄店地下一階食品フロア・和洋酒売場特設会場にて「高北幸矢の30酒30展」を開催している。

私の選んだ和洋酒、ビール、日本酒、焼酎、ウイスキー、ワインなどジャンルを問わずに並べている。

そして30点の花の水彩画、版画。さらにはお酒の愛読書25冊も。

賑やかなデパート地下一階で展覧会というのは驚かれる人も多い。

私はこれまで、美術館、ギャラリーのほかに、喫茶店、バー、スーパー、銀行、企業オフィス、料理屋、果ては神社まで個展を開催してきた。

その真意は、アートが「さあ、ご覧ください芸術ですよ」と高尚という形容に恥ずかしさを感じているからである。

もっと雑踏の中へアートが踏み込んで行かなければならないと考えている。

雑踏の中で聴いた音楽に心を奪われて、いつかコンサートに出かけたくなる音楽のように。

 

aaa                  

 

          

 

 

 

 

 

 

 

 

03. 4月 2019 · April 2,2019* 2019日中現代美術交流展、草の根の交流に。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

4月2日より、愛知県美術館ギャラリーで「2019日中現代美術交流展」が始まった。

イデオロギーは世界中芳しくない方向で心を痛めるが、文化とスポーツは何百年と各国親交を深めて来た。

そうしたことに多く参加してきた私は、世界中に友人・仲間がいて、どの国とも争いなど全く考えられない。

美術交流展とは、互いの芸術文化を尊敬しあい、互いの国を親しく思うことがなければできない。

現代美術とは何か。

現代における美術という意味で考えてしまっては、あまりにもつまらない。

あえて現代美術という言葉を使う必要がない。

現代美術とは、「現代」、言い換えれば「今」の空気を感じさせるものでなければならない。

「今」が孕んでいる問題、社会認識、社会的価値を共有できるものでなければならないと考える。