24. 7月 2022 · July 24, 2022* Art Book for Stay Home / no.96 はコメントを受け付けていません · Categories: 日記

『岡本太郎の友情』岡本敏子(青春出版社、2011年)

本著は岡本太郎とその友人のプライベートな交流を綴ったものである。プライベートな交流を本人以外が書き下ろすというのは一般にはありえない。公私べったり行動し、秘書であり、事実上の妻であり、のち養女となった岡本敏子(養女前は平野)だからこそ著せたものである。

岡本太郎と友人であらんとするならば、彼の発する本音のバリアを突破しなければならない。いわゆる空気を読んでとか、お上手というのは全く通じない太郎である。優しい人ではなく、怖い人である。敏子は太郎のことを「デリケートで熱い心を持った優しい人」と称するが、それは太郎が心を許すほど親しくなった人に限られる。

本著で取り上げられる友人は、石原慎太郎、石原裕次郎、丹下健三、瀬戸内寂聴、川端康成、北大路魯山人、勅使河原宏、梅原猛、パブロ・ピカソ、ジョルジュ・バタイユ、花田清輝、海藤日出男、岡本かの子、カラスのガア公。錚々たる顔ぶれで、太郎が「どうだ俺はこんなにすごい奴らと友人なんだぜ」ということではない。岡本太郎はそんな無粋な人ではなく、むしろこういう友人を見せびらかすようなことは「はしたない」と考える人である。これは太郎をこよなく愛し尊敬した敏子だから、恥じらいもなく「太郎さんて、こんなにすごい人よ知って」というメッセージを出せたのである。

因みに、パブロ・ピカソのみ岡本太郎の執筆で、さすがにピカソに関しては太郎も文章を残したかったようだ。

とにかく岡本太郎礼賛本であるが、そこは受け入れるとして、読み進めば太郎の人間的魅力あふれる著書である。もちろん、太郎の友人はさらに多くいて、文学者、哲学者、デザイナー等、本著にも多数登場してくる。おもしろいのは画家や彫刻家に友人が少なかったであろうということで、同業と群れないいわゆる一匹狼と言われる人の特色である。

「カラスのガア公」については、読むときの楽しみとします。

Comments closed

ツールバーへスキップ