05. 4月 2020 · April 5, 2020* “illustration FILE 2020”誌発刊、イラストとは、イラストレーションとは、イラストレーターとは何か。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

“illustration FILE 2020”誌が発刊された。玄光社が発売している日本で活躍するイラストレーターを紹介したイラストレーション年鑑。1990年に第1号が発行され、日本で最も歴史のあるイラストレーター年鑑である。
2020年版の収録作家は上下巻あわせて830名に達し、現在日本で活躍中のイラストレーターをほぼもれなく網羅しており、イラストレーターを探すための必携の一冊となっている。掲載作家数が多いが、これまでにある程度の実績があり、その当該年に評価に値する仕事を残したイラストレーターのみを編集部がセレクトしているので「ファイルに載る」ことがイラストレーターとしてのステイタスとされ、若手イラストレーターの憧れとなっている。20代の若い作家から70代の大ベテランまで1人1ページという編集方針は、年鑑という視点、またファイルというデータ性を鑑みると大いに納得できるものである。

秋山孝のように個人美術館を持つイラストレーターや、安西水丸、原田治のような本館で個展を開催する美術館作家も、生前には”illustration FILE”に紹介されていたことを思うと、この年鑑の魅力がどれほどのものか理解されるであろう。

また、2011年からはweb版である“illustration FILE Web”を立ち上げ、印刷版・Web版を両輪として運用している。

 

 

ところで、一般的に使用されているイラストと言う言葉はイラストレーションの略語のように扱われているが、実は和製英語であり、英語としては通用しない。つまり日本においては、イラストとイラストレーションは異なる意味を持つようになっている。

日本におけるイラストは、日本画や洋画のような絵画に対して、カジュアルな絵を示している。Googleでイラストを画像検索かけてみるとその概要が解る。一方イラストレーションは基本的にカジュアルな絵という意味がない。イラストレーションとは図像によって物語、小説、詩などを描写もしくは装飾し、また科学・報道などの文字情報を補助する、理解を深めるための図形もしくは絵画的表現である。中でも医学、天文学、地学、化学などに重要な役割を担うイラストレーションのことをサイエンスイラストレーションと呼ぶようになっている。

イラストレーションを描くことを職業にしている人をイラストレーターと呼び、イラストを描く人のことではない。英語文法的に言えば、イラスト(illust)を描く人はイラスター(illuster)であり、イラストレーション(illustration)を描く人がイラストレーター(illustrator)である。

“illustration FILE 2020”誌はそういうプロフェッショナルな年鑑であり、イラストとも日本画や洋画とも異なるものである。

31. 3月 2020 · March 31, 2020* ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

ニューズウイーク日本版によるとドイツ政府は、「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」として大規模支援を打ち出した。

先に「アメリカは芸術を必要としている」として、米国芸術基金が約80億円の支援を決定したことに続いて、「芸術とは何か、芸術は人類にとってどういった存在なのか」の強いメッセージを受け止めた。
以下、ニューズウイーク日本版3月30日からの抜粋

25日、新型コロナウイルスによる経済への打撃を緩和するための総額7500億ユーロの財政パッケージがドイツ連邦議会で承認された。

<略>ドイツの救済パッケージでとくに注目を集めているのが、フリーランサーや芸術家、個人業者への支援だ。モニカ・グリュッタース文化相は「アーティストは今、生命維持に必要不可欠な存在」と断言。大幅なサポートを約束した。ドイツには約300万人の個人または自営の小規模起業家がおり、その半分近くが文化セクターで働いている。

昨今続くイベントのキャンセルは8万件以上にのぼり、引き起こされた損害は12.5億ユーロと推定されている。フリーランスやアーティストへの経済的支援を求める嘆願書への署名運動が今月から始まっていたが、このほど発表された財政パッケージには個人・自営業者向けの支援として最大500億ユーロが含まれている。<略>
予断を許さない異常な状況と先の見えない不安感のなかを生き抜くには、体の健康だけではなく、精神面での健康を保つことも大変重要だ。
「非常に多くの人が今や文化の重要性を理解している」とする。

グリュッタース文化相は「私たちの民主主義社会は、少し前までは想像も及ばなかったこの歴史的な状況の中で、独特で多様な文化的およびメディア媒体を必要としている。クリエイティブな人々のクリエイティブな勇気は危機を克服するのに役立つ。私たちは未来のために良いものを創造するあらゆる機会をつかむべきだ。そのため、次のことが言える。アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ。特に今は」と述べ、文化機関や文化施設を維持し、芸術や文化から生計を立てる人々の存在を確保することは、現在ドイツ政府の文化的政治的最優先事項であるとした。<略>https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/03/post-92928.php

日本における芸術の位置は、概して「豊かな暮らしのために必要欠くべからずのもの」とされている。

したがって、こういう今のような「非常時には不要のものである」といった意見も多く見受けられる。いわゆる贅沢なものとして考えられているわけである。

私は以前より「芸術とは心を豊かにするものではなく、心を豊かにすることもあるが、そうではなく、生きていく上で必要欠くべからずのものであり、生きる力である。」と述べてきた。

こういう社会状況にあって、今こそ芸術、こういうときに力を発揮できなくて何が芸術か、と考えている。
特に、「芸術は心の癒やし」であるといった脆弱な捉え方は、芸術を理解する上で大きく誤解を招くものである。

31. 1月 2020 · January 31, 2020 * ‪第10回円空大賞展始まる。岐阜県美術館にて3/8‬まで。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

「円空の独創性、慈愛の精神を今日改めて注目すべきものと捉え、円空を彷彿とさせる、顕著な芸術家を顕彰」

大賞はTara Océan財団。

世界の海をアーティストを乗せて、海洋環境問題を専門とする科学者と調査する海洋科学探査する。科学+アートプロジェクト。

科学とアートが結びつく現代美術はもう必然であるが、基本、現代美術が主体である。

Tara Océan財団は環境科学が主体。科学者とアーティストを乗せて世界の海を走るタラ号、想像するだけで感動である。

展覧会会場では、Tara Océan財団の活動、アーティストたちの作品、ほかに円空賞を受賞した池田学の絵画、羽田澄子の映画、安藤榮作の彫刻とインスタレーション、大嶽有一の鉄の彫刻作品が展示されて見応えがある。

11. 4月 2019 · April 11, 2019 * デパ地下で個展、攻めるアート。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

4月10日より23日までの2週間、名古屋栄の名古屋三越栄店地下一階食品フロア・和洋酒売場特設会場にて「高北幸矢の30酒30展」を開催している。

私の選んだ和洋酒、ビール、日本酒、焼酎、ウイスキー、ワインなどジャンルを問わずに並べている。

そして30点の花の水彩画、版画。さらにはお酒の愛読書25冊も。

賑やかなデパート地下一階で展覧会というのは驚かれる人も多い。

私はこれまで、美術館、ギャラリーのほかに、喫茶店、バー、スーパー、銀行、企業オフィス、料理屋、果ては神社まで個展を開催してきた。

その真意は、アートが「さあ、ご覧ください芸術ですよ」と高尚という形容に恥ずかしさを感じているからである。

もっと雑踏の中へアートが踏み込んで行かなければならないと考えている。

雑踏の中で聴いた音楽に心を奪われて、いつかコンサートに出かけたくなる音楽のように。

 

aaa                  

 

          

 

 

 

 

 

 

 

 

03. 4月 2019 · April 2,2019* 2019日中現代美術交流展、草の根の交流に。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

4月2日より、愛知県美術館ギャラリーで「2019日中現代美術交流展」が始まった。

イデオロギーは世界中芳しくない方向で心を痛めるが、文化とスポーツは何百年と各国親交を深めて来た。

そうしたことに多く参加してきた私は、世界中に友人・仲間がいて、どの国とも争いなど全く考えられない。

美術交流展とは、互いの芸術文化を尊敬しあい、互いの国を親しく思うことがなければできない。

現代美術とは何か。

現代における美術という意味で考えてしまっては、あまりにもつまらない。

あえて現代美術という言葉を使う必要がない。

現代美術とは、「現代」、言い換えれば「今」の空気を感じさせるものでなければならない。

「今」が孕んでいる問題、社会認識、社会的価値を共有できるものでなければならないと考える。

 

 

24. 3月 2019 · March 23, 2019 * 三重県津市で高北幸矢個展開催。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

高北幸矢 板絵・版画展「陰花/陽花」

3/20(水)~3/24(日) 10:00~18:00 最終日は17:00まで

三重画廊(津市中央18ー19三重額縁ビル3F)

 

津市での個展は、大学4年の時に卒業記念個展を開催して以来6回目。

近年は5年に一度を続けている。

今回の個展では、この一年集中的に制作している板絵とこれまでのシルクスクリーン版画、木版画の花の作品を展示。展覧会タイトルは「陰花/陽花」。

花を「陽花」とするのは自然なことだが、「陰花」に目を向けるのが狙い。

人に愛でられるのではなく、ひっそりと咲いている花。

私は特に落花の椿にそれを象徴させている。

 

 

 

31. 10月 2018 · October 30, 2018* 全国美術館会議機関誌”ZENBI”にレポート はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

全国美術館会議(1952年に設立され、現在、正会員:388館〈国立9館、公立246館、私立133館〉、個人会員:15名、賛助会員:54団体で構成)が発行している機関誌“ZENBI”に東海ブロックとしてレポートを投稿しました。

「休館が続く中、際立つ企画展」と題し、このところ東海三県で多くなっている耐震補強に、老朽化にともなう補修、施設充実による長期休館の美術館の現状と、その中でも際立つユニークな企画展を報告。

一方で、名古屋ボストン美術館の閉館と横山美術館の開館も特筆すべきこととして、加えた。

21. 9月 2018 · September 21, 2018* 清須市はるひ絵画トリエンナーレグランプリ受賞作家の活躍。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

「森川美紀展ー昼の月、夜の月ー」が、西尾市のイナガキ・コスミック・ギャラリーで11月30日まで開催中。森川さんは、第3回夢広場はるひ絵画ビエンナーレグランプリ受賞作家で、その後の絶え間ない活躍は多くの人の知るところである。

今では日本有数の絵画コンクールとして知られるようになった清須市はるひ絵画トリエンナーレであるが、その要因は回を重ねる事による信用とトリエンナーレ入賞、入選者の活躍による。とりわけグランプリ受賞者の活躍は、多くの人の注目するところである。

この度の森川の個展は、新作と近年の代表作を並べた大作を主としたもので、危うい記憶の断片がうつろう風景となって描かれている。

 

 

21. 8月 2018 · August 21, 2018* 超絶技巧という表現、作家の想いはどこにあるのか。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

岐阜県現代陶芸美術館で8月26日まで開催中の「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」を観てきた。

圧倒的な超絶技巧に眼を奪われるばかりの展覧会。

a

入館いきなり安藤緑山の《胡瓜》。息を呑む技巧、畑から持ち帰ったばかりの鮮度が表現されている。彫刻としての構成力も見事である。

現代アートでは、髙橋賢悟の《origin as a human》、鈴木祥太の《綿毛蒲公英》、前原冬樹の有刺鉄線が技巧+αが魅力的だった。

a

ところで、こういった超絶技巧表現というのは、その技巧に眼を奪われて作者の想いはどこにあるのか、見失いがちだ。

作者もまた超絶技巧を見せることが目的化している作品もある。それはそれでいいではないか、という考えもある。

想いと表現が高い次元で一つになることはとても難しいことだ。

ちなみに超絶技巧作家というのは男性が圧倒的に多いというのもおもしろい。

 

15. 8月 2018 · August 15, 2018* 元永定正とレイモン・サヴィニャック、ユーモアでつながる不思議。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

三重県立美術館で開催中の「サヴィニャック展」に行ってきたことは先に述べた。

展覧会を見終えて中庭をぼんやりと眺めているとそこに元永定正の彫刻があった。美術館には多分以前からあったに違いない。

見つけられたのは意識の違い、清須市はるひ美術館で「元永定正展」を開催中なので美意識がそこに広がっている。

また「サヴィニャック展」を観たあとはユーモアセンスが広がっている。感覚とはそういうものだ。

今週末18日の土曜日には館長アートトークでサヴィニャックを取り上げる。

今その準備中であるが、デザインの巨人亀倉雄策がアートディレクションした「クリエイション全20巻」の第2巻に元永定正の次にサヴィニャックが紹介されている。偶然とは思えない。

ポスターデザインで活躍したフランスのサヴィニャックと現代美術で活躍した日本の元永定正、二人の交流はないが、共通するビジョンに注目しながら館長アートトークを行いたいと思う。