25. 4月 2016 · April 24, 2016*コンテンポラリーダンスとラップの競演、戦いのようなセッション。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類

昨日、愛知芸術劇場小ホールで「ありか」コンテンポラリーダンス島地保武とラップ環ROYの競演を観て来ました。

いつもの小ホールとガラリと変えて、2客席の中央に2つのスクエアなステージそれをつなぐ花道、入場段階からワクワクの演出。

ダンスとラップの2つの生き物が、つばぜり合い、セッションし、一体化しまた互いに孤立する。息を飲む90分でした。

ラップがこんなにクリエイティブなものとは、初めての体感に自らの命が再生してくるようでした。

4/24ありか公演

Comments closed