31. 8月 2013 · 実習生 ギャラリートークに挑戦! はコメントを受け付けていません。 · Categories: リサとガスパール&ペネロペ展, 展覧会, 教育普及

2013年8月30日(金)

 

博物館実習生5人。県内の大学4年生たちが、

現場で美術館全体の運営を学んだり、学芸員の仕事を体験したりしています。

 

先日は、一人ずつ展覧会の解説にトライしました。

一般のお客様のいる展示室で、実際の作品に囲まれてのギャラリートークです。

初めてのことに、少々緊張の面持ちの実習生たち。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

持ち時間はだいたい15~20分程度。この間に、要点を絞ってお話しなければなりません。

 

何歳ぐらいの、どういうお客様に対してお話しするのか、

どういう順番で、どの作品を選んでご案内するのか、

その作品のどの部分に注目するのか。

そのやり方は、それぞれにゆだね考えてもらいました。

 

マニュアルなどはありませんので、さぞ戸惑ったことでしょう。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

実習生たちは、リサとガスパール、ペネロペシリーズやその作者についてそれぞれ調べ、

解説するポイントをぎっしりノートに書いて挑みました。

真剣そのもの。気迫が伝わってきます。

 

絵本を読み込んで、ストーリーの面白さを紹介したり、

原画をよく見て、配色のすばらしさを指摘したり、

大人ではなく、小学生に語りかけるように話したり、

それぞれに工夫が凝らされていました。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

人前に立つとどうしても緊張して、シミュレーションどおりにはいかないものです。

終わった後で、あの時はこう言えばよかったのに、と悔しい思いもあったでしょう。

 

でも、みんな一生懸命伝えたいという姿勢で、持ち味を生かしてやりきりました。

すばらしい!

 

一人ずつ解説し終わったあとは、お互いに、よかった点と、改善点とを出し合いました。

みんなよく観察していて、的確な指摘をします。

それに、人のやり方を見て、いいところをすぐに取り入れられていました。

 

作品解説は、基本は他人と会話すること。

相手に合わせて、声のトーンも変われば、言葉の使い方だって変わります。

 

けれど基本的には、

・客観的な事実と、個人的意見とを自分の中で分けておく。

・相手が理解できているかどうか確認しながら進める。

・自分が感動した点を、他の人に伝える。

これらができれば、お客さまも安心し、興味をもって聞いてくださるのではないでしょうか。

 

ちなみに、私はまだ毎回試行錯誤しながらやっています。

経験を重ねることが、上達へのなによりの道なのかもしれません。

 

 

 

 

 

【開催中の展覧会】

「リサとガスパール&ペネロペ展」

会   期:2013年7月6日(土)~9月29日(日)

開館時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休  館  日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

〈インターネット入館割引券〉

 

 

 

 

 

29. 8月 2013 · 第5回清須アートサポーター はコメントを受け付けていません。 · Categories: 教育普及

2013年8月29日(木)

 

今日は、月に一度清須アートサポーターのみなさんが集まる活動日。

 

Exif_JPEG_PICTURE

いつものように、最近出かけた展覧会の情報交換から始めました。

 

ここ1ヶ月は記録的な猛暑のため、外出がままならない日が続いたのですが、

それでも、箱根まで行ってきたよと報告してくれる方もいました。

出かけた先の美術館で、清須市はるひ美術館のチラシを見つけて嬉しかったと。

ラックにたくさんのチラシが掲出されている中で、ほんの少し端が見えていただけだったけれど、

すぐに、うちのチラシだって分かったんだそうです。

 

サポーターの皆さん、外出先でもそうやって気にかけてくれてるんですねっ。

いっしょにはるひ美術館を盛り上げましょう!

 

ひとしきりお話した後は、作業に移りました。

二手に分かれて、チラシ送付作業と額磨き作業です。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

↑ こちらはチラシ送付作業。

今年度後期の、高北幸矢館長アートトークのスケジュールが分かるチラシと、

秋の企画展「歌舞伎 | 変身」のチラシ送付が控えているので、その準備です。

封筒の大きさは3種類。適した大きさの封筒に、それぞれ間違いなく、宛名ラベルを貼っていきます。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

↑ こちらは額磨き作業。

展示で使った額は、どうしても手垢やほこりで汚れてしまうもの。

1つずつ、箱から出して、ガラスの表と裏をふいて、きれいにします。

100個ほどの額を、汗をかきながら一生懸命磨いてくれました。

こうしておくと、次回使う時にスムーズで、気持ちいいですよね。

 

どちらも人手があると大助かり。

 

休憩時間には、紅茶を入れて一息つきました。

Kさんが持ってきてくれた新鮮なレモンのスライスを浮かべると、

いつもの庶民的なお茶が、高級レモンティーにはや変わり

さわやかな香りも、みんなの疲れをいやしてくれました。

また次ももってきてね! みんなから熱いリクエストが寄せられていました。

 

アートサポーターの皆さんは、この全体の活動日のほかにも、

開催中の「リサとガスパール&ペネロペ展」のイベントを支えてくれています。

その様子はまたこのブログでお話ししていきますね。

 

 

 

 

【開催中の展覧会】

「リサとガスパール&ペネロペ展」

会   期:2013年7月6日(土)~9月29日(日)

開館時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休  館  日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

〈インターネット入館割引券〉

 

 

 

 

 

28. 8月 2013 · 東海ラジオで紹介されました はコメントを受け付けていません。 · Categories: リサとガスパール&ペネロペ展, 展覧会

2013年8月28日(水)

 

今日は東海ラジオの取材がありました。

ご存知「宮地佑紀生の聞いてみや~ち」に生出演。

 

まずはレポーターの有馬さんを展示室へ案内し、

展覧会の概要と見どころをご説明しました。

 

その間に、アンテナやマイクの調整が着々と進みます。

 

その後、本番に向けて、要点を書いた大まかな原稿をささっと作成。

レポーターと学芸員の会話を、Q&A形式にまとめます。

 

 

ラジオでは、レポーターと学芸員が会話しながら、

展覧会の内容を、視聴者の方に分かりやすくお伝えします。

1・2分の短い時間なので、的確な言葉で簡潔に魅力を伝えなければなりません。

生放送ゆえの緊張感も!

 

「リサとガスパール」「ペネロペ」は、色彩、物語、キャラクター設定、どれを取っても楽しめます。

その面白さが伝わってるといいなと思います。

 

 

レポーター有馬さんが、今日の取材をブログで紹介してくれています→こちら

 

夏休み残りわずか!夏の思い出をつくりませんか。

みなさんのお越しを、心よりお待ちしています

 

 

 

 

【開催中の展覧会】

「リサとガスパール&ペネロペ展」

会   期:2013年7月6日(土)~9月29日(日)

開館時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休  館  日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

〈インターネット入館割引券〉

 

 

 

 

 

25. 8月 2013 · リサとガスパール撮影会 はコメントを受け付けていません。 · Categories: リサとガスパール&ペネロペ展, 展覧会

2013年8月25日(日)

 

今日はあいにくの雨模様

 

 

でも、カラフルな傘が、傘立てに入りきらないほどたくさん。

 

今日のみんなのお目当ては、↑こちら。

リサとガスパールの着ぐるみといっしょに写真撮影ができるイベントです。

 

 

撮影開始30分前から整理券をお配りするのですが、長蛇の列に。

先着20組の整理券をゲットすべく、並んでいます。

 

列の先頭で、「撮影会 整理券 こちら」と書いたパネルをもって立っているのは、当館のアートサポーター。

ボランティアで、美術館の活動を支えてくれています。

 

さぁ、いよいよリサとガスパールが会場に到着しました。

こうしてやさしく手をひいて誘導するのもサポーターです。

 

リサとガスパールの姿が見えると歓声が上がります!

嬉しくって、飛び跳ねて身体全体で喜びを表現する子どもも。

 

子どもたちの素直な反応や、かわいらしいしぐさに、ついサポーターもほおが緩みます。

 

こうして、たくさんの笑顔が行きかうイベントとなりました。

 

リサとガスパール撮影会は、会期中あと2日開催します。

9月8日(日)  13:30~ / 15:00~

9月21日(土) 11:00~ / 13:30~ / 15:00~

ご家族、カップル、お友達といっしょに、ふわふわのリサガスといっしょに写真をとりましょう!

とびっきりの笑顔になること間違いなしです

 

 

 

 

【開催中の展覧会】

「リサとガスパール&ペネロペ展」

会   期:2013年7月6日(土)~9月29日(日)

開館時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休  館  日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

〈インターネット入館割引券〉

 

 

 

 

 

24. 8月 2013 · 第11回館長アートトーク はコメントを受け付けていません。 · Categories: 教育普及

2013年8月24日(土)

 

館長アートトークの11回目。

今回は、現在開催中のあいちトリエンナーレにちなんで、

「トリエンナーレとは何か? アートの源力として。」と題してお話しました。

 

 

「トリエンナーレ」ってご存知でしょうか?

カタカナが出てくると、いまいちよく分からなくなりますが、難しいことはありません。

もともとの意味は「3年に1度」というイタリア語。

それが、3年に1度開かれる国際的なアートの祭りをさす言葉として、今や世界中で使われています。

 

 

あいちトリエンナーレは今年で2回目。

世界各地で開かれているアートの祭りは、古いものだと100年以上続いているものも。

これから私たちが、この地元の芸術祭を育てていかなければいけませんね。

 

 

あいちトリエンナーレでは、76組のアーティストが作品を展示しています。

たくさんの作品を見るコツは、自分の感覚で、いい作品、よくない作品を判断すること。

なんといっても、通常の美術館での展覧会と違って、

このトリエンナーレでは、「評価の定まっていない作品」も多く展示されるんです。

 

だから、展示されている作品のよさが分からない私が悪いのかも、なんて思わなくていい。

作品は玉石混交。たくさんの中から1点でも、これはすごい

と思える作品を見つけられたら最高だ、という気分で見てください。

 

それから、「評価の定まっていない作品」ということは、

「こんなの今まで見たことない」という新鮮な作品に出会えるかもしれないということ。

そんな予期せぬ出会い、新しい発見ができることが、トリエンナーレの醍醐味なんですよ。

 

 

 

あいちトリエンナーレは「都市の活性化」をうたっています。

活性化。それは、経済の活性化だけではありません。

人が新しい作品、見たことない作品に出会って、新たな人とつながって、ドキドキわくわくする、

心が高揚して、人が元気になること。それこそが「都市の活性化」につながるのです。

人間には、生きていくうえで、ドキドキわくわくする祭りが必要で、

それを提供してくれるのが、この「あいちトリエンナーレ」なんです。

 

ぜひ、心躍るものとの出会いを求めて、みなさんも街にくり出してみてくださいね。

 

 

なお、あいちトリエンナーレの並行企画事業として、高北幸矢館長の個展を開催中です。

10月6日まで、古川美術館分館の為三郎記念館にて、

ツバキをテーマにした「落花、夏の夢。」をご覧いただけます。

数奇屋建築の瀟洒な雰囲気をいかした、ツバキでの空間演出。

お抹茶と和菓子もあわせてお楽しみください。

展覧会情報はこちら

 

 

 

 

 

【開催中の展覧会】

「リサとガスパール&ペネロペ展」

会   期:2013年7月6日(土)~9月29日(日)

開館時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休  館  日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

〈インターネット入館割引券〉

 

 

 

 

23. 8月 2013 · 館長アートトーク 新チラシは桔梗色 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 教育普及

2013年8月23日(金)

 

当館の「高北幸矢館長アートトーク」。

毎月だいたい第4土曜日に開催しているのですが、ご存知でしょうか?

 

 

館長が、絵画やファッション、建築など、アートにまつわるいろんな分野を選んで、

面白い部分を抽出し、分かりやすく、そして楽しくお話する会です。

時には、実際の作家さんとの交流を通して得られた体験談が盛り込まれることも。

1時間でコンパクトに、その画家や作品の魅力が聞けるとあって、好評です。

 

このたび、今秋から来春にかけての半年分のテーマが決定しました。

スケジュールはこちら

 

そして、新しいチラシも出来上がりました

↑ この紫は「桔梗(ききょう)色」というそうです。

桔梗は秋の七草のひとつ。季節感が感じられていいですよね。

色のチョイスやデザインは、もちろん館長自ら手がけたものです。

 

8月の館長アートトークは明日、24日(土)16:00~17:00 に開催。

「トリエンナーレとは何か?アートの源力として」と題して語ります。

 

初心者の方でも十分楽しんでいただける講座ですので、

ぜひお気軽にご参加ください。

夕方のひと時が、ぐっと充実した時間になります。

ご家族やご友人へのおしゃべりのネタにもグッド

 

 

 

【開催中の展覧会】

「リサとガスパール&ペネロペ展」

会   期:2013年7月6日(土)~9月29日(日)

開館時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休  館  日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

〈インターネット入館割引券〉

 

 

 

 

22. 8月 2013 · 西枇杷島中学校美術部 はコメントを受け付けていません。 · Categories: リサとガスパール&ペネロペ展, 展覧会

2013年8月22日(木)

 

今日は、清須市立西枇杷島中学校から、

生徒たちが「リサとガスパール&ペネロペ展」を見に来てくれました。

美術部の部員約10名です。

 

展示している100点の原画の中からいくつか選んで、展覧会のポイントを解説。

 

 

みんな美術部員なので、リサとガスパールと、美術史上重要な作品との関連についても

ちょっとお話しさせてもらいました。

 

『リサとガスパールのピクニック』の表紙は、19世紀後半のフランスで、

マネによって描かれた《草上の昼食》という名画を下敷きにしています。

《草上の昼食》は発表された当時、その先進性ゆえに物議をかもした作品です。

 

「リサとガスパールのピクニック」は、この《草上の昼食》の登場人物とその配置をまねたもの。

ちょっとしたパロディーですが、マネへのオマージュでもあるのでしょう。

 

リサとガスパール、ペネロペの物語では、ところどころに、

パリを代表する建築や絵画に対する深い愛が感じられるんですよ。

 

 

解説のあと、生徒さんたちは個人個人で作品と向き合いました。

どの作品が気になるか、それはどうしてか、

美術部顧問の先生が作ったワークシートに書き込みながら考えます。

 

 

こうしていろんな国の、いろんな作品を見ておくことは、

美術部の活動で作品をつくる際にも、きっと糧になるはず。

見ることを楽しんで、自分の好きな作品をどんどん見つけてくださいね!

 

 

 

【開催中の展覧会】

「リサとガスパール&ペネロペ展」

会   期:2013年7月6日(土)~9月29日(日)

開館時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休  館  日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

〈インターネット入館割引券〉

 

 

 

 

21. 8月 2013 · 学芸員実習 歴史資料編 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 教育普及

2013年8月21日(水)

 

今年度受け入れている博物館実習生は5人。

いつもは美術館で展覧会の実務に関わりながら、現場の仕事を体験していますが、

今日は清須市春日公民館に出かけ、市の歴史民俗資料を扱っている小出さんにお話をうかがいました。

 

学芸員と一口に言っても、歴史系、美術系、生物系など専門は多岐にわたります。

今日はその歴史系のお仕事について学んでもらおうという回です。

 

はじめに、歴史民俗資料のなかでも、古文書の扱いについてお話がありました。

1点ずつハケで掃除をして、台帳のもととなる調査カードに資料名、年代、形態などを記入して整理しています。

 

 

例えばどんな文書資料があるか、ということで、

実際に保存してある大日本帝国発行の証券などを見せてくれました

めずらしい資料に、実習生も真剣なまなざし。

 

そうした文書は、丁寧に1点ずつ資料の情報を手書きした封筒に入れて、保管しています。

この封筒や封筒の束を入れるダンボールは、長期間の保存に適した「中性紙」でできたもの。

特注品です。

 

 

それから、展示解説パネルを作成するときに気をつける点を聞いたり、

文書資料の複写、記録台帳なども見学。

 

 

次に、出土した史料の保管場所へ。

清須市は、弥生時代に全国屈指の大きな集落がつくられ、1,000人ほどの人々が住んでいました。

また、戦国時代、信長が清須城を拠点にしていたことでも知られます。

そうした歴史の厚みがあり、発掘調査によって得られたたくさんの史料は、

1点ずつビニール袋に小分けして、出土場所によってきちんと分類されています。

 

清須城で使われた、金箔を貼った瓦も!

これは、信長の息子、信雄の代に、安土城に倣って作られたそう。

キラキラと光って、さぞ豪華だったことでしょうね~。

 

棚にずらりと並んでいるのは民具。

生活用具や農機具など、市内で使われていたものが歴史の証人として集められています。

 

 

最後に清須市歴史資料展示室へ。

ここは、清須市立図書館の一角にある、オープンしてまだ1年の新しいスペース。

現在、企画展「戦争中の暮し ―銃後の清須の女性と子どもたち―」を開催中(9/29まで)です。

 

特別に、ガラス展示ケースを開けて見せてくれました。

実習生はおじいちゃん・おばあちゃん世代の暮しを、「モノ」を通して身近に感じてくれたことと思います。

 

歴史資料を扱うのも、美術作品を扱うのも、

基本的には「モノ」に語ってもらう、というスタンスは同じです。

「モノ」をじっくり観察して、調査結果を展示という場でどのような文脈で見せるか、

それが学芸員の仕事だということを感じ取ってもらえたのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

【開催中の展覧会】

「リサとガスパール&ペネロペ展」

会   期:2013年7月6日(土)~9月29日(日)

開館時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休  館  日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

〈インターネット入館割引券〉

 

 

 

 

20. 8月 2013 · テレビ取材 はコメントを受け付けていません。 · Categories: リサとガスパール&ペネロペ展, 展覧会

2013年8月20日(火)

 

「リサとガスパール&ペネロペ展」

今日はNHKから取材を受けました。

 

記者の方に、展覧会の全体像と見どころをご説明して、撮影にかかってもらいます。

 

こんな風に作品にぐっと接近して、絵の具の盛り上がりや、筆あとを写します。

ゲオルグさんの描く原画の鮮やかな色づかいは、一目で見る人をひきつけます。

カメラのレンズを通しても、色彩の魅力は伝わることでしょう。

 

 

 

こちらはペネロペの原画。

お父さんやお母さんに説明してもらいながら作品を見る子どもたち。

そのほほえましい様子を、そっと撮影します。

 

 

時には、子どもにマイクを向けてインタビューも。

急なことでびっくりしたでしょうに、きちんと受け答えができていて、感心してしまいました。

 

こうして、2時間が経過。じっくり取材してくれました。

近々、ニュースで放送される予定です。

 

ちなみにペネロペは現在、NHK Eテレでショートアニメが放送されています。

(毎週火曜日8時55分~ 5分間)

ご覧になっているお子さまも多いのではないでしょうか。

筆のタッチを感じさせる絵が、原画の雰囲気をよく伝えていて好評です。

 

展覧会とあわせてお楽しみください。

 

 

 

 

【開催中の展覧会】

「リサとガスパール&ペネロペ展」

会   期:2013年7月6日(土)~9月29日(日)

開館時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休  館  日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

〈インターネット入館割引券〉

 

 

 

 

18. 8月 2013 · 寄せられた感想から はコメントを受け付けていません。 · Categories: リサとガスパール&ペネロペ展, 展覧会

2013年8月18日(日)

 

昨日お話した、当館のアンケート「美術缶」。

今日は寄せられたたくさんのメッセージの中から、いくつかご紹介しましょう。

 

 

・ペネロペがコアラだと初めて知りました。

リサとガスパールも、うさぎ or 犬?と思っていましたが、 「不思議な生き物」でびっくり。

でも、かわいくて心がホッとしました。

(40代・女性)

 

・リサガス、ペネロペの挿絵は、温かみがあって、見ていて童心に帰りました。

(20代・男性)

 

・思った以上に展示が多くてびっくり。

ぬりえや写真コーナーなど、小さい子どもが退屈なく楽しめました。

私の子どもたちも気軽に美術館デビューできました。

(30代・女性)

 

・絵本と原画をくらべながら見ることができ、子どもと楽しく見れました。

(30代・女性)

 

・2Fにはぬりえやおり紙があり、展示を見終えた後も余韻に浸ることができました。

(30代・女性)

 

・ペネロペにポケットがあるのは、大発見でした。

(9歳・女性)

 

・原画は絵本で見るより、さらに色使いがきれいで、とてもステキでした。

(30代・女性)

 

・決して広い美術館ではありませんが、子どもを連れてくるにはちょうどいい広さ。

また子どもと楽しめる企画をお願いします。

(40代・女性)

 

・ネットで割引クーポンもあり、よかったです。

子ども2人が2Fのコーナーを気に入り長居をしましたが、

絵を見ることが大好きになるきっかけになってくれればと思います。

絵だけでなくいろんなコーナーがあって本当によかったです。

(40代・女性)

 

・こんなステキな所があることを知りませんでした。

孫(7歳・4歳)のニーズにぴったりです。

(60代・女性)

 

 

大人同士はもちろん、小さなお子さま連れでもゆっくり過ごせる展覧会です。

会期も折り返し地点に差しかかりました。

9月29日までに、ぜひお越しください。

 

 

【開催中の展覧会】

「リサとガスパール&ペネロペ展」

会   期:2013年7月6日(土)~9月29日(日)

開館時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休  館  日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

〈インターネット入館割引券〉