04. 8月 2013 · ワークショップ「3コマ絵本を作ろう」 はコメントを受け付けていません。 · Categories: リサとガスパール&ペネロペ展, 展覧会

2013年8月4日(日)

 

絵本の展覧会にちなみ、美術館では絵本作りのワークショップを企画しました。

といっても、ただの絵本ではありません。

美術館スタッフオリジナルの「3コマ絵本」です。

 

まずは作り方を説明。

 

用意した「言葉カード」を机に並べます。

みんなに、気に入ったものを1つ選んでもらうのです。

そこにはいろんな言葉が書いてあります。

「わぁー どうしよう!」

「あっ いいことおもいついた」 などなど。

 

言葉を選んだら、そこから想像をふくらませて、自分だけの物語を作ります。

それも、3コマで展開する物語を。

3つ折にした画用紙を台紙にして、絵を描いていくんですよ。

 

う~ん、どんな物語にしようか。

すぐ思いつく子もいれば、じっくり腰をすえて構想を練る子もいます。

 

 

 

でも、いったん取りかかったらすごい集中力。

好きな材料をどんどん選んで、絵本を作っていきます。

 

使うのは、クレヨン、色鉛筆、色画用紙、布、リボン、新聞紙など。

どんな組み合わせでもOKです。

 

熱中するあまり、椅子からおしりを浮かせて制作する姿も。

 

こちらは、2コマ目までできたところ。力強く簡潔な表現がいいね!

木陰で休んでいたら、雨が降ってきて…。さぁ大変。

 

こちらもステキな色使い。黄色いインコはおりがみで折って作っています。

小鳥が無事おうちに帰るまでの物語だね。

 

こちらはリボンを蝶々むすびにして貼り付け、プレゼントのラッピングを豪華に演出。

立体的な絵本になりましたよ。

 

最後にパタンとページを閉じて、扉にタイトルをつけます。

これもみんな思い思いに仕上げてくれました。

 

 

最後は、一つひとつ出来上がった作品をみんなで見ていきます。

お化け屋敷に入るお話、学校で居眠りしちゃった話、洋服を買いに行ったお話、

色んなお話が生まれました。

そして、物語の流れを、言葉ではなく、絵のチカラで表現できていましたね。

 

実はみんなに選んでもらった「言葉カード」は、

リサとガスパールの絵本の中から引っ張ってきたものなんです。

 

リサとガスパールでは、同じ言葉がどんな風に使われているかな

そんなことを考えながら原画や絵本を楽しむのもいいですね。

 

次回ワークショップ「3コマ絵本を作ろう」は8月10日(土)です。

お楽しみに!

 

 

 

 

「リサとガスパール&ペネロペ展」

会   期:2013年7月6日(土)~9月29日(日)

開館時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休  館  日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

〈インターネット入館割引券〉