23. 5月 2015 · 第32回館長アートトーク:グラフィックデザイナー、亀倉雄策の王道。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 教育普及

2015年5月23日(土)

 

これまでにさまざまな芸術家を取り上げてきた館長アートトーク。

今回のテーマはグラフィックデザイナーの亀倉雄策(かめくら・ゆうさく)です。

同じくグラフィックデザイナーである館長の専門中の専門分野です

 

まずは「グラフィックデザイン」そのもののお話から

一口にデザインといっても、ファッションデザイン、建築デザイン、工業デザインなどさまざまなものがあります。

そのなかでグラフィックデザインはおもに印刷物のデザインのこと。

多くのグラフィックデザイナーは、コピーライターやイラストレーター、

広告カメラマンなどと協力しながら一つの作品を創り上げます。

日本では高度経済成長期にグラフィックデザインの分野が大きく発展し、

今でも世界的に高い水準にあります

 

1915年に生まれた亀倉雄策は、まさに日本グラフィックデザインの全盛を築いた人物でした

デザイナーとしての才能だけでなく、外交手腕にも長け、

日本を代表するグラフィックデザイナーとしてその名を轟かせました。

 

亀倉がグラフィックデザイナーを目指したのは、

1920~30年代に活躍したフランスのグラフィックデザイナー、

カッサンドルのポスターを見たことがきっかけだったそう。

フランスでは19世紀末からポスターの黄金期を迎えますが、

カッサンドルはこの分野で新しい時代を切り拓きました。

街角の人々の目を引き付けるため、明快で力強い構成、

存在感のある幾何学的なモチーフがデザインされています

 

↑亀倉雄策の初期の作品

まだ写真を使ったポスターが少なかった時代でありながら、積極的に写真を取り入れています

有名な企業のポスターも数々手がけるように・・・

 

そして代表作となったのがこちら↓

1964年東京オリンピックのポスターとロゴマークです。

リアルタイムでご覧になった方もいらっしゃるはず(館長は当時小学生で、学校に貼られていたのを覚えているとか。)

各国の選手(本物の陸上選手ではありません)がスタートダッシュを切る瞬間を捉えた、

スピード感とエネルギーあふれる作品ですね

五輪マークは本来の5色ではなく、あえて金色で統一されています。

そこに赤い日の丸をどどんと大きくデザインすることで、瞬時に「日本」をイメージすることができるのです

 

こちらは平和を訴える反戦ポスター。

炎に焼かれて燃え落ちる無数の蝶が、原爆投下を暗示しています。

見覚えのあるこんなマークも亀倉デザイン

 

グラフィックデザインは、絵画や彫刻といった美術作品とは異なり、基本的に街中に存在しているものです。

身近であるがゆえに、目を留めてもらうためにはかなりの工夫が必要になります。

しかし通りすがる人の目を一瞬でも引くことができれば、すぐにメッセージを伝えることができるのです。

亀倉はグラフィックデザインの機能をこのように理解し、制作に取り組んでいました

 

現在第一線で活躍するグラフィックアーティストたちにも多大な影響を与え続けている亀倉雄策。

実際にお会いしたこともある館長にとっても、偉大な存在だそうです。

 

次回の館長アートトークは6月27日(土)16時~、

テーマは 「風雲告げる日本画、片岡球子のエナジー。」です。

愛知にゆかりの深い日本画家を取り上げます。愛知県美術館で開催される展覧会の予習・復習にもおすすめ

電話申込:052-401-3881

※前日までにお申込みください。

 

【開催中の展覧会】

清須市第8回はるひ絵画トリエンナーレ

会  期|2015年4月19日(日)-6月7日(日)

休館日|

〈美術館〉4月20日(月)・27日(月)、5月7日(木)・11日(月)・18日(月)・25日(月)、6月1日(月)

〈図書館〉4月20日(月)・27日(月)・30日(木)、5月7日(木)・11日(月)・18日(月)・25日(月)~6月4日(木)

時  間|10:00-19:00(美術館の入館は18:30まで)

観覧料|〈美術館〉一般300円、中学生以下無料 〈図書館〉無料

 

 

20. 5月 2015 · H27第2回清須アートラボ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 教育普及

2015年5月20日(水)

 

美術について楽しく学んでいただこうというアートラボ。

前回のオリエンテーションを経て、今回から美術講座に入ります

テーマは「琳派の魅力 没後300年 尾形光琳」です

 

「琳派(りんぱ)」という言葉、みなさん聞いたことがあるでしょうか?

日本美術の歴史のなかで、桃山期から江戸後期にかけて発展した流派の一つです。

俵屋宗達から尾形光琳を経て、酒井抱一まで続くこの系譜は、

狩野派や土佐派といった他の流派と異なり血縁関係がなく、作品を介してエッセンスが継承されていきました。

後世になってから、尾形光琳の「琳」の字を取って「琳派」という名前が付けられました。

 

今年は光琳の没後300年!琳派誕生から400年!ということで、各地で琳派の展覧会が開催されています

光琳は300年も昔の人ですが、この時代には珍しく、資料や画稿がたくさん残っているため、

研究はかなり進んでいます

 

京都有数の呉服商に二男として生まれた光琳。

裕福な家庭に育ち、若い頃はふらふらと遊び歩いていたようですが、

40代ごろから画家として生計を立てることを考え始め、59歳で亡くなるまでに数々の傑作を生み出しています

光琳といえばまずはこれ、《燕子花図屏風》。

伊勢物語の一節を題材に、金地に群青と緑青の燕子花だけが描かれた大胆な作品です

リズミカルに配された燕子花は、装飾文様のように一定のパターンが反復されていることがわかります。

これは版木を使った俵屋宗達の手法を参考にしていると考えられています。

これも有名ですね。《紅白梅図屏風》です。

こちらも金地に梅と水流のみ、というシンプルでありながら壮麗な作品。

渦巻く水流の迫力や、「たらし込み」というにじみを生かした技法で凹凸が表現された梅の幹、

不自然に折れ曲がって視線を誘導する枝の動きなど、全てが観る者を圧倒します

 

琳派のつながりを示すものとして有名なのがこちら↓

この作品は、光琳が宗達の《風神雷神図屏風》を模写したものです。

宗達の作品がこちら↓

全く同じように見えますが、色の塗り方や構図などが微妙に異なります。

さて、光琳の思惑はいかに・・・

 

そして、光琳の《風神雷神図屏風》の裏側に描かれていた(現在は別装されています)のがこちら↓

酒井抱一の《夏秋草図屏風》です。

光琳の影響を受けた抱一は、しなだれる草花を描くことで、

まるで表側にいる風神と雷神が起こした風雨に煽られているかのような効果を生み出しています。

金地に対する銀地、空中に浮かぶ構図と画面の下部に集中した構図といった対比も効いています

 

独特の絵画世界を生み出し、今なおその清新さを留める琳派の作品。

国宝に指定されているものも多く、まさに日本美術を代表する画家・流派の一つですね!

「琳派イヤー」の今年、あまりお目にかかれない作品を見ることができるチャンスですので、

みなさんも展覧会に出かけてみてはいかがでしょう

 

次回は碧南市藤井達吉現代美術館で開催中の「生誕150年記念 竹内栖鳳」展にお邪魔します

清須からは少々(かなり?)遠いところですが・・・

ちょっと足を延ばして、楽しみましょう

 

【開催中の展覧会】

清須市第8回はるひ絵画トリエンナーレ

会  期|2015年4月19日(日)-6月7日(日)

休館日|

〈美術館〉4月20日(月)・27日(月)、5月7日(木)・11日(月)・18日(月)・25日(月)、6月1日(月)

〈図書館〉4月20日(月)・27日(月)・30日(木)、5月7日(木)・11日(月)・18日(月)・25日(月)~6月4日(木)

時  間|10:00-19:00(美術館の入館は18:30まで)

観覧料|〈美術館〉一般300円、中学生以下無料 〈図書館〉無料

 

 

 

 

09. 5月 2015 · 清須市第8回はるひ絵画トリエンナーレ アーティストトーク はコメントを受け付けていません。 · Categories: はるひ絵画トリエンナーレ

2015年5月9日(土)

 

現在開催中の清須市第8回はるひ絵画トリエンナーレ。

今日は、大賞を受賞した興津眞紀子(おきつ・まきこ)さんによるアーティストトークがおこなわれました

まずは学芸員からトリエンナーレと興津さんについて、簡単にご紹介します。

興津さんにバトンタッチし、これまでの制作や今回受賞した作品について語っていただきました

美術部だった学生時代からずっと絵を描き続けてきた興津さん。

美術大学に進み、当時の先生の影響で「新制作」という公募展に出品

毎年150号の作品を2・3点仕上げて、23年間出し続けたそうです。

 

ガラスをモチーフに選び、最初は無機質で幾何学的な作品や

きっちりと作りこんだ作品を目指していたという興津さん。

確かに、写真で見ると現在の作風とはかなり印象が異なります

公募展だけでなく、自由に作品を展開できる個展なども経験し、描き方は変化していきました。

 

余白や遊びを残したり、あらかじめ明確な計画を立てずに筆を進めたりして、

画面は柔らかく、繊細になっていきます。

↑この作品は、植物の形のような淡いシルエットや、中央に置かれた四角形、

水分の多い絵具を染み込ませたようなにじみなどに、

今回の受賞作品《光と希望》と通じるところがありますね

 

作品には植物が登場しますが、興津さんご自身、ご自宅のお庭で植物を育てることがお好きだそうです

また、なんといっても興津さんの作品の魅力はその清廉なブルー!

初期の作品からブルーがよく用いられていますが、当初は、

ブルーという色は薄いものから濃いものまで全てきれいな色であるため、その「使いやすさ」を気に入っていたとのこと。

ですが最近は、色は「組み合わせ」が重要で、きれいな色でも組み合わせによっては魅力が損なわれてしまうということも考えているそうです

とくに注目しているのは白色の表現で、つやのあるもの、マットなものなどを使い分けながら

新しい表現に取り組まれています

《光と希望》にも新たな白色が表現されていますので、角度を変えたりしながらじっくり見てみてくださいね

作品の透明感そのままに、やさしい語り口でお話しいただいた興津さん…ありがとうございました

 

今年の10月には、トリエンナーレ受賞者をピックアップする「アーティストシリーズ」にて

興津さんの個展を開催する予定です。

今日ご紹介された初期の作品や新作も含め、作品の展開をたどれるような展示になりそうです。

みなさまどうぞお楽しみに

 

【開催中の展覧会】

清須市第8回はるひ絵画トリエンナーレ

会  期|2015年4月19日(日)-6月7日(日)

休館日|

〈美術館〉4月20日(月)・27日(月)、5月7日(木)・11日(月)・18日(月)・25日(月)、6月1日(月)

〈図書館〉4月20日(月)・27日(月)・30日(木)、5月7日(木)・11日(月)・18日(月)・25日(月)~6月4日(木)

時  間|10:00-19:00(美術館の入館は18:30まで)

観覧料|〈美術館〉一般300円、中学生以下無料 〈図書館〉無料