18. 9月 2014 · ムナーリのワークショップ「直接の映写」 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 展覧会

2014年9月18日(木)

 

会期中、合計9回のプログラムを組んだムナーリのワークショップも

9月15日(月・祝)の「直接の映写」で最終回でした。

最終回も定員いっぱいまで申込みがありました

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

まずは展覧会鑑賞タイム

今回の参加者はいつも以上に元気いっぱいのメンバーで、

こちらの質問にもどんどん手を上げて答えてくれました

作品を見ていろんなことを考え想像する力、そしてそれを言葉にする力。

美術作品を鑑賞するうえではとても大切なことですよね

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

鑑賞後は本題のワークショップ会場へ移動し、内容を説明します

「直接の映写」の詳しい内容は前回のブログをご覧ください。

さまざまな素材をスライドマウントの中に挟みこみ、それをスライド映写機で大きなスクリーンに投影します

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

スライド映写機を見たことも触ったこともない子どもたちに、

どんな構造で映像が映し出されるのか、実際に触っているところを見せながら説明しました。

コンピューターが主流の現代において、おそらくほとんど見ることのない機械でしょう。

みんな、とても興味深そうに聞いてくれていました

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

では、実際に投影するためのスライドを作ってみましょう

ということで、まずは学芸員が実演してみました。

前回のブログにも書きましたが、材料は本当にたくさんの種類があります

糸くずや布、お菓子の袋、カラーセロファン、たまねぎの皮、脱色した葉っぱ、紐等々。

光を透過しやすいものや、拡大すると面白そうなものなど集められています。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

やり方がわかったら、早速、みんな集中し始めました

拡大するとどんな風に見えるんだろう?と想像しながら、自分の好みの色や形、模様を作っていきます。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

アートサポーターのみなさんの指導のもと、一枚だけ入れられるスライド映写機で自分のスライドをチェック

「あれ?想像したのと違うな~」とか「おっ!思った以上にいいじゃん!!」など、

自分の予想通りには映らないスライドを見て大盛り上がり

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

そして、いよいよ本番です

各自お気に入りベスト3を選んで映写機のなかに入れていきます。

まずは、全員のスライドを順に見ていきます

きれいなものや面白いものなど、どれも素敵なスライドばかりでした

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

ひととおり全員のスライドを見た後は、今度は一枚ずつじっくり見ていきました。

誰が作ったのかを聞いて、作者に作品のタイトルをつけてもらったり、どんな音がするのかを聞きました。

でも、自分が作ったはずの作品なのに、どれが自分のだかわからない人も実は大勢いたのです・・・

小さいものが大きくなる。

ただそれだけなのに、与える印象はずいぶん異なることを体験しました

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

最後にムナーリさんが機械に関心を持ち、そしてそれを作品やワークショップに

積極的に取り入れていったお話をして終わりました。

iPadやパソコン、ゲームなどで遊ぶことが普通の現代の子どもたちにとっては、

新鮮な遊びのワークショップだったのではないでしょうか

 

これで全9回のプログラムがすべて終了しました。

展覧会開幕前からご予約もたくさんあり、

ムナーリの人気ぶりや保護者の方々の関心の高さを改めて実感しました。

 

清須市はるひ美術館としても、今回の経験を活かして、

日頃のワークショップのなかにムナーリの考えていた「遊び」の要素を取り入れていきたいと思います

ご参加いただいた皆様ありがとうございました

 

 

 【開催中の展覧会】

特別展 ブルーノ・ムナーリ アートのなかの遊び

会   期:2014年7月5日(土)~9月28日(日)

開館時間:10:00~19:00(最終日18:30まで)

休  館  日:月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日が休館)

〈インターネット割引券〉

 

 

 

 

 

17. 9月 2014 · ムナーリのワークショップ「さまざまなかたち」 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 展覧会

2014年9月17日(水)

 

先週末はイベント続きでした

今日は、15日(日)の午前中に開催した「さまざまなかたち」というワークショップの様子をご紹介します。

実は、このワークショップはすでに8月9日に第1回目を実施しています。

1人でも多くの方にご参加いただけるよう、ムナーリのワークショップは「木をつくろう」以外、

すべて各2回実施することにしたのです

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

2回目とはいえ、参加者はみんな違う子どもたちなので、毎回異なる反応で楽しませてもらっています

今回もまずは美術館での注意事項の確認や、ブルーノ・ムナーリについてので簡単な説明から始めました。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

入口の「触覚の小径」では、みんな大はしゃぎ目を閉じて、そ~っといろんな素材を触っていきます。

展示室でもしっかりお話を聞いてくれていましたね

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

展覧会鑑賞後は、いよいよ本題の「さまざまなかたち」です。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

白いケント紙をビリビリ破る姿にみんなびっくり

「何をやってるの?!」そんな様子の子どもたち。

 

ワークショップの具体的な内容は前回のブログで詳しく説明したので、ここでは簡単に紹介すると、

適当に破られた紙のかたちを見て、何かに見えたらその見えたモノを描くという内容です

とってもシンプルなワークショップ。

でも、これが子どもたちは病みつきになるのです

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

太さの違うポスカでどんどん描いていきます

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

描いた作品は、前の壁にどんどん貼り付けていきます。

高いところはアートサポーターのみなさんにお願いしました。

みんな競争するように、次から次へとさまざまなかたちを見つけて描いていきます

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

最後にみんながどんなかたちを描いたのか聞いていきました

ひたすら「キツツキ」にこだわる子や、マニアックなまでにJRの車体を熟知して描いている子、

必ず自分の作品には自画像とサインを入れる子。

また、線路にこだわり、線路を描いては他のみんなの作品と合体させる子などなど。

今回はなかなか個性的なメンバー揃い

 

どんなかたちも見方次第でいろんなものに見える、その型にはまらない自由さを、

参加してくれたみんなには、いつまでも持ち続けてもらえたらいいなと思います

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

終了後は保護者のみなさんも近くに来て記念撮影

ムナーリのワークショップは基本的には作った作品を持ち帰ることはしません。

ワークショップは「お土産」を持ち帰るのではなく、「記憶」を持ち帰るもの

ムナーリはそんなふうに考えていたそうです。

主催者であるわたしたちも、ワークショップをとおして、

ムナーリからいろいろなことを教わっているような気がしました。

 

 

 

 【開催中の展覧会】

特別展 ブルーノ・ムナーリ アートのなかの遊び

会   期:2014年7月5日(土)~9月28日(日)

開館時間:10:00~19:00(最終日18:30まで)

休  館  日:月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日が休館)

〈インターネット割引券〉

 

 

 

 

15. 9月 2014 · ワークショップ&ミニライブ「ハンドメイド・ミュージック♪」② はコメントを受け付けていません。 · Categories: 展覧会

2014年9月15日(月)

 

ムナーリ展のイベントの中でも多くのお問合せをいただいたララトーンのミニライブ

ララトーンは名古屋を中心に国内外を飛び回るアーティストですが、

ここ3年以上ライブ活動を休止していました。

それが・・・なんと!

今回、ムナーリ展のために3年以上の沈黙を破って「ミニ」とはいえ、ライブをしていただけることになりました

ララトーンのファンにとってはちょっとした事件なのです

もちろん、ファン以外の方にとっても貴重な機会になること間違いなし!

 

IMG_5429 IMG_5433

午前中、機材のセッティングや音あわせの風景です

スピーカーやミキサーなどの機材は、市内業者の小林電機さんのご好意で提供していただきました。

右写真に写っているのが小林電機のご主人です!今回は本当にお世話になりました!!

 

IMG_5436 IMG_5439

しばらくしてから他のメンバーも合流

ララトーンはショーンさんと淑美さんの二人組みですが、

今回は、「Qu-ki」というバンドの落合さんと、「skrew kid」の土江さんが加わりバンド編成でのライブ

これもまたいつものララトーンと違って楽しみなのです

あれ?ドラムをたたいているのは、ちびっ子ドラマーかな??

 

 

IMG_5440

会場でリハーサルをしている間、美術館の外では整理券配布の行列が

ララトーンの人気ぶりがよくわかりますね。

 

13:30~14:30の楽器を作るワークショップが終了してから30分後にライブが始まります。

スタッフは会場準備、誘導等で大慌てでもなんとか無事にお客様を会場にお通しすることができました

IMG_5475

ざっと200名近くのお客様が会場に集まりました!

2階にこんなにお客様が入るのは、当館始まって以来初めてなのでは

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

さあ、ライブが始まりました。

はじめは、ショーンさんの演奏に他の3人が口笛をそえる、ささやかで温かい曲から始まりました

1曲目でお客様の心をいっきに掴んでしまいました。さすがはララトーンです。

その後も何曲か楽しい音楽を聴かせてくれました

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE IMG_5484

ライブ途中には、お客様にも楽器を渡して一緒に演奏する場面も見られました。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

こんなふうに、ワークショップで作った楽器を鳴らしながら演奏を楽しむ姿も!!

ララトーンのライブは聴くだけでなく、一緒に参加して楽しむライブ。

 

さらに、ショーンさんは発明家

IMG_5489 IMG_5490

ターンテーブルの上にはレコード盤ではなく・・・

おもちゃのベルが4本ついた木の板をのせて回転させます。

その上には、マイクスタンドから吊るした球体がぶらさがっていて、

回転するたびにベルと球体があたってきれいな音が鳴ります

 

あるいは・・・

IMG_5494 IMG_5496

リコーダー?と思いきや、口の部分にホースをつけてフットポンプとつなげます。

ポンプを足で踏んで空気を送り込むことで、リコーダーの音色を奏でるという「装置」

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

さまざまな音色、楽器、パフォーマンスであっという間の30分。

聴いている私たちを飽きさせない、楽しいライブでした

ララトーンのライブをとおして、音楽は自由なんだ!そんなことを強く思いました。

そして、その自由さこそが、ムナーリの創造活動と通じる部分であり、

今回、ムナーリ展の関連イベントとしてララトーンにお願いした最大の理由でした

 

3年以上のブランクがあるなか、ライブ出演を快諾いただいたララトーンのお二人、

そして、ララトーンと共に、素敵な音楽を届けてくださった落合さん、土江さん、

本当に素晴らしいライブをありがとうございました

そして、お集まりいただいたたくさんのお客様もありがとうございました

 

 

 【開催中の展覧会】

特別展 ブルーノ・ムナーリ アートのなかの遊び

会   期:2014年7月5日(土)~9月28日(日)

開館時間:10:00~19:00(最終日18:30まで)

休  館  日:月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日が休館)

〈インターネット割引券〉

 

 

14. 9月 2014 · ワークショップ&ミニライブ「ハンドメイド・ミュージック♪」① はコメントを受け付けていません。 · Categories: 展覧会

2014年9月14日(日)

 

今日は、名古屋在住音楽ユニットLullatone(ララトーン)のお二人による

ワークショップ&ミニライブ「ハンドメイド・ミュージック♪」を開催しました

まずはワークショップの様子からご紹介します。

 

Exif_JPEG_PICTURE IMG_5426

ワークショップでは2種類の楽器を作ります。

1つはプラスチックコップや風船を使って「マラカス&太鼓」。

もう1つははがき、輪ゴム、ストロー、ボタンを使った「カスタネット&ギロ」。

ワークショップは午後からなので、午前中は準備に専念できました。

 

ララトーンはアメリカ人のショーンさんと日本人の淑美さんご夫婦で音楽活動をされています

IMG_5428

あれ?小さな男の子?!

お二人のご長男・ニコ君もお手伝いをしてくれましたとっても助かりました。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

左の写真が、「マラカス&太鼓」、右の写真が「カスタネット&ギロ」の材料です

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

今日は大勢のお客様が来てくださると信じて、アートサポーターに助っ人に来てもらいました。

まずは、みんなで楽器を作って、参加者に教えられるよう勉強会です。

サポーターも童心にかえり、おおはしゃぎ!しっかりマスターしてもらいました

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

さあワークショップが始まりました

先着100名と謳っていたため、始まる前からとにかくたくさんの人が集まってくださいました。

ショーンさんの自己紹介の後、これからみんながやるワークショップについての説明です

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

まずは「マラカス&太鼓」です。

風船を半分に切って、それをビーズやちぎった折り紙を入れたプラスチックコップの上から被せます。

ちなみに、右の写真のお二人がララトーンご夫妻です

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

バチは竹串に消しゴムを小さく切ったものを刺せば完成!とっても簡単

「カスタネット&ギロ」はハガキに短めのストローを4本等間隔に接着し、ハガキの真中で折ります。

折って重なる部分にボタンをつけてぱたぱたするとカスタネットみたい

ストローの部分は割り箸でこすると・・・たちまちギロのような音が出ます。

 

ということで、やりたくてうずうずしていたみんなは、説明が終わると一斉に楽器づくりに取り掛かりました

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

わりと簡単にできてしまうこの楽器。

お父さんやお母さんと一緒に作っている姿をよく見かけましたね

みんんな上手にできたかな??

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

アートサポーターも大活躍!(スタッフ証を首から提げている方々です)

随時参加形式を取っていたので、来る人来る人に丁寧な説明をしてくれて、本当に助かりました!

いつもありがとうございます

Exif_JPEG_PICTURE

2階は満員御礼状態が続きました!!ありがとうございます

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

だいたいみんなが完成したら、せっかくなので楽器を鳴らしてみよう!ということに

今回作った楽器は1つで2種類の楽器になるようなものでしたが、

実際は使い方を工夫すればもっともっとたくさんの音が出せるのです。

そこで、ショーンさんは、参加したみんなに「どんな使い方があるか発見してください!」

と呼びかけました。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

こんなふうに1人ずつ、個性的な楽器の使い方を紹介してくれました。

Exif_JPEG_PICTURE

それを見て「なるほど~」「へ~」と言いながら、みんなで真似をしてみました。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

続々新しい使い方を開発してくれて、会場内は大盛り上がり

「この楽器だからこうやって使う」という固定概念にとらわれず、自由な発想を大事にする今回のワークショップ。

それは、まさにムナーリが目指したものと共通するのです

Exif_JPEG_PICTURE

最後は全員でショーンさんの掛け声に合わせて演奏して終わりました。

とっても楽しいワークショップでした!

そして、この後はミニライブ。「作った楽器も持ってきてね。」というアナウンス。

一緒に演奏できるのかな??楽しみですね

 

 

 

 

 【開催中の展覧会】

特別展 ブルーノ・ムナーリ アートのなかの遊び

会   期:2014年7月5日(土)~9月28日(日)

開館時間:10:00~19:00(最終日18:30まで)

休  館  日:月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日が休館)

〈インターネット割引券〉

 

 

 

 

11. 9月 2014 · 博物館実習7日目(最終日) はコメントを受け付けていません。 · Categories: 教育普及

2014年9月11日(木)

 

長かった大学生の夏休みも残りわずかとなりました

今夏、当館では6名の博物館実習生を受け入れ、さまざまな実習に取り組んでもらいました。

その様子はこのブログでもご紹介させていただいてきましたが、みなさんとても熱心で感心させられます

 

さて、最終日の課題は「展覧会企画発表」です

当館の展示室1を利用して、展覧会企画案をプレゼンしてもらうというもの。

それぞれの個性が出た大変興味深い発表ばかりでした

 

IMG_1236 IMG_1238

IMG_1232 Exif_JPEG_PICTURE

パワーポイントをしっかり準備してきたり、見やすくきれいな「企画書」を作成し説明してくれる学生もいました

Exif_JPEG_PICTURE

こちらは古代人の生活を紹介する展示を企画した学生で、図版なども持ちこみ熱弁してくれました

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

みなさん自分の関心にひきつけつつ、清須市はるひ美術館で展示する意義や、

集客のための工夫、展示の工夫、イベントなど本格的なプランをいくつも提示してくれ、

館長も学芸員の私たちも真剣に聞き入っていました

 

それゆえ、コメントも少々厳しいものになりましたが、

それは実習生のみなさんのレベルが高かったからこそ。非常に充実したプレゼンだったと思います

 

Exif_JPEG_PICTURE

全ての実習が終了し、最後は美術館の前で記念撮影

長そうであっという間の実習期間。学芸員資格取得のための実習ではありましたが、

それに留まることなく、今回の実習が今後のみなさんの勉強や就職の役に立ててもらえれば嬉しいです

 

みなさん本当にお疲れ様でした

またいつでも美術館に遊びに来てくださいね

 

 

 【開催中の展覧会】

特別展 ブルーノ・ムナーリ アートのなかの遊び

会   期:2014年7月5日(土)~9月28日(日)

開館時間:10:00~19:00(最終日18:30まで)

休  館  日:月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日が休館)

〈インターネット割引券〉

 

 

 

10. 9月 2014 · 第5回清須アートラボ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 教育普及

2014年9月10日(水)

 

今日は清須アートラボで他館の展覧会見学の日でした。

今回の訪問先は、アートラボのメンバーが最も苦手?

とする現代美術の展覧会が始まったばかりの名古屋市美術館を訪れました

DSCF3281 DSCF3280

開催中の展覧会は「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより」

というとっても長くて、なんだか聞きなれないタイトルです

 

見学の前に、展覧会担当の中村学芸員に40分ほど解説をしていただきました

DSCF3279 DSCF3278

今回の展覧会は、世界トップクラスとされる台湾のヤゲオ財団コレクションの一部を展示したもの。

現代美術の一級品が盛りだくさんで、

これが国や公共の力ではなく1人のコレクターの手によって集められたというので驚きです

 

そして、展示も非常に趣向を凝らしたものでした。

美術史的な紹介はもちろんありますが、それと並行してアートマーケットにも目を向け、

作品の金額を提示したり、また鑑賞者に金額を考えさせるゲームも取り入れられていました

 

通常、美術館では切り離されたそうした市場の流れも意識させる本展覧会は、

これまでの現代美術の展覧会の常識を覆す、新しい試みだったと思います。

 

参加した受講生のみなさんも、ヤゲオコレクションの天文学的な金額の数字に驚きながらも、

楽しく現代美術に触れていた様子が印象的でした

 

間口を広く、多くの人に関心を持たせつつ、美術作品の「価値」について考えさせられる

良質な展覧会だったと思います

 

今回は展示室内の撮影ができなかったので、文章ばかりになってしまいましたが、

是非多くの方に見ていただきたい、企画者の思いが詰まった展覧会でした

中村学芸員、お忙しいなか丁寧な解説をありがとうございました

 

 

 【開催中の展覧会】

特別展 ブルーノ・ムナーリ アートのなかの遊び

会   期:2014年7月5日(土)~9月28日(日)

開館時間:10:00~19:00(最終日18:30まで)

休  館  日:月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日が休館)

〈インターネット割引券〉

 

 

 

09. 9月 2014 · あそびプログラム「ひかり・いろ・かたち」 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 展覧会

2014年9月9日(火)

 

今日は、前回の続きで先週末に開催したあそびプログラム「ひかり・いろ・かたち」の紹介です

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

アートサポーターもだいぶワークショップに慣れてきた様子。

田嶋さんに積極的に質問をする場面もよく見られるようになりました

今回のプログラムは、大勢のお客様が入れ替わり参加するので、美術館スタッフだけでは人手が足りません。

アートサポーターの力無しではできなかったことを、プログラムが終了した今、改めて実感しています

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

さて、今回のプログラムの内容はというと・・・

まず、茶色のBOXの中から一枚カードを引きます。

BOXの中には「ぽたぽた」「ざーざー」「がちゃがちゃ」「ぱたぱた」等々。

さまざまな擬音語や擬態語が書かれたカードがたくさん入っています。

その引いたカードに書かれた擬音語や擬態語を、右の写真にある材料を使って表現します。

材料は、2枚の10cm四方程度のアクリル板に挟み込みます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

そして、材料を挟み込んだアクリル板を実物投影機に乗せ、プロジェクターとつないで大きく壁に映します

小さなサイズで作っていたものを、自分の身体よりも大きなサイズで見るときの驚きと発見を体感します。

また、音(擬音語・擬態語)を形に変える作業を通して、

目に見えない音と目に見える形との関係性を考える機会にもなります

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

この回も大勢の方が開始時刻前から集まってくださいました!

さあ、うまくできるかな??

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

小さなカードに書かれた音をセロファンや紐、紙切れ、布などの素材で表現するなんて、

これまでにやったことのない体験でも参加者のみなさんは、特に抵抗もなくサクサクと製作されていました。

これを大きな画面で見るとどんな風に見えるのでしょうか??

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

では、見てみましょうまずは実物投影機の上にアクリル板を置きます。

この段階でも本物よりはだいぶ大きいですが、画面に余白もずいぶんあります。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

これを、どんどん、どんどん拡大していきます!

布の繊維の編まれ方までよくわかるほど大きくなりました。

これには参加者のみなさんも「おぉ!」とひときわ大きな喚声があがりました。

掌で作っていたときには想像もできなかったサイズです。綺麗ですね~

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

拡大して見たアクリル板は、準備しておいたライトテーブルに乗せてしばし鑑賞できるように展示しておきました。

透過性の高い素材を使っているため、光をあてるととても綺麗に見えます。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

お父さん、お母さんも真剣です

「大人が真剣になれる遊びは、子どもも真剣になれる!」

「遊びは子どものためだけでなく、大人のためでもある!」

「まずは、大人が率先して遊びに参加しなければ、子どもは楽しくない!」

愛知県児童総合センターの考え方です。素晴らしいですね。

本当にそのとおりだと思います

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

おもしろい形ができましたね。これを拡大すると右の写真のようになりました。

こんな風に、「ひかり」を使って「いろ」や「かたち」で遊ぶこのプログラムは、

ムナーリが来日したときに実施した「ダイレクト・プロジェクション」というワークショップから

ヒントを得て考えだされたそうです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

参加者の残していってくださった作品たちは、それぞれとても個性的で綺麗でした

 

これで、あそびプログラムは全て終了しました。今回は5種類を実施しましたが、愛知県児童総合センターでは、

まだまだたくさんのプログラムを開発・実施しています。

是非、愛知県児童総合センターへもお出掛けいただき、真剣に遊びと向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

田嶋さん、そして愛知県児童総合センターのみなさん、多くのサポートやご協力ありがとうございました

 

 

 【開催中の展覧会】

特別展 ブルーノ・ムナーリ アートのなかの遊び

会   期:2014年7月5日(土)~9月28日(日)

開館時間:10:00~19:00(最終日18:30まで)

休  館  日:月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日が休館)

〈インターネット割引券〉

 

 

 

07. 9月 2014 · あそびプログラム「よめない文字」 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 展覧会

2014年9月7日(日)

 

ムナーリ展会期中に開催している愛知県児童総合センターのあそびプログラムも

今日が最終回となりました

午前は「よめない文字」、午後は「ひかり・いろ・かたち」というプログラムを実施しました

まずは、午前の報告から・・・

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

いつものように、当館のアートサポーターが今日も助っ人に集まってくれました

元愛知県児童総合センター長の田嶋さんの指導のもと、今日のプログラムについて学びます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

ムナーリの作品にこのようなものがあります

どちらの作品も《未知の国の読めない文字》というタイトルがついています。

今回のプログラムは、この作品からヒントをもらい考えられたもの

 

この作品は、ムナーリが作った想像上の文字です

え?文字??」と思われる方も多いはず。全く解読できません

でも、「文字」なので何かを伝えようとしているはず・・・

そこで、この作品を鑑賞するわたしたちは、一見解読できない未知の国の読めない文字が伝えていることを

心で読み取ろう!という作品です

 

今日のプログラムは、自分たちでこの「未知の国のよめない文字」を作ってみるというもの

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

材料はいたってシンプル。

短冊状の白い紙に、それより小さな黒い紙が1人1セット渡されます。

あとは、はさみで好きなように黒い紙を切って自分だけのオリジナルの文字を作ります。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

大人も子どももみんな夢中になってオリジナルの文字を制作中。

どれもこれも「文字?」というものばかりで面白いです

平面だけでなく立体の文字まで登場したり、

参加者によって随分表現方法が異なっていたところも興味深かったですね

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

完成した作品はこんなふうに、縦書き、横書きで分けて展示していきました。

文字のような模様のような・・・とても素敵な作品がずらっと並びました

 

 

 

 【開催中の展覧会】

特別展 ブルーノ・ムナーリ アートのなかの遊び

会   期:2014年7月5日(土)~9月28日(日)

開館時間:10:00~19:00(最終日18:30まで)

休  館  日:月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日が休館)

〈インターネット割引券〉