27. 7月 2013 · 第10回館長アートトーク ピカソの人生とゲルニカ はコメントを受け付けていません · Categories: 教育普及

2013年7月28日(土)

 

どなたでも気軽に参加していただける人気講座

「館長アートトーク」の10回目を開催しました。

 

テーマは、誰もがその名を知っている美術界の巨匠 ピカソと、

その最高傑作である《ゲルニカ》です。

 

まずはピカソの名前に注目してトークが始まりました。

ピカソという名前は、スペインでも珍しいそうです。

 

でも、一度聞いたら忘れられない強い個性と、発音のしやすさから言って、抜群の名前で、

ピカソの名が世界中に広まっていくのを強烈に後押ししたはず、と分析。

ピカソのブランディングに大きく貢献しているってわけですね。

ピカソは絵がうまかったことはもちろん、世渡りも上手でした。

当時急速に拡大していたアメリカの美術市場を見据えて、

どんどん売れる絵を描いていきます。

 

その制作意欲の旺盛なことといったら、毎日2・3点完成させていくほどのペースです。

世界中の多くの美術館にも収蔵されました。

(清須市はるひ美術館には1点もないですけどね。

でも当館は、未来のピカソの作品を一生懸命集めています!

 

ピカソの作品は、よく知られているように、とっても高価です。

オークションで○○億円で落札された!なんて話も飛び交います。

 

でも気をつけなければならないのは、それは作品の「美術品」としての価値であって、

「美術」としての価値ではないということ。

高いからよい作品、安いから悪い作品、という風には簡単に結びつかないということなんです。

 

とりわけピカソの作品は、投機の対象となりました。

買った値段よりさらに高く売ることで、利益を稼ぐ金もうけの道具にもなっていたということ。

ピカソはそんなこともちゃーんと分かった上で、上手に世渡りしたんです。

 

ただ売れる絵をたくさん描いたというだけの画家なら、それまでなのですが、

ピカソにはピカソにしか成しえない偉業があります。

 

それが、彼の最高傑作《ゲルニカ》。

1937年に起きたスペインの内戦で爆撃を受けた、ゲルニカという街が題材です。

ピカソは戦争の悲惨さを、キュビスムの様式に、強い反戦の気持ちをこめて描きました。

 

館長は「この作品があるから、僕はピカソを尊敬してやまないのです。」としめくくりました。

 

 

 

次回館長アートトークもぜひお気軽にご参加ください。

お申込は前日までにお電話で(美術館 TEL:052-401-3881)

日 時:8月24日(土) 16:00~17:00

テーマ: 「トリエンナーレとは何か?アートの源力として。」

会 場:清須市立図書館 2F研修室

参加費:無料

 

 

【開催中の展覧会】

「リサとガスパール&ペネロペ展」

会  期:2013年7月6日(土)~ 9月29日(日)

開館時間:10:00~19:00(入館は18:30まで)

休  館  日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

〈インターネット入館割引券〉