23. 7月 2013 · ことでん写真展 はコメントを受け付けていません · Categories: その他

2013年7月21日(日)

 

美術館のすぐ隣に建つ清須市立図書館は、昨年の7月7日にオープンしました。

今月ちょうど開館1周年を迎えます。

 

ここで7月28日(日)まで開催中の、面白い写真展があります。

 

「ことでん写真展」

 

写真家GABOMI(がぼみ)さんが撮影した、

高松琴平電気鉄道(通称ことでん)の整備工場の写真展示です。

香川県を走るローカル鉄道のことでんは、総延長約60kmの私鉄で、

名古屋鉄道や、名古屋市交通局もふくめ、全国で使われた車両をリメイクして走らせるので、

「動く電車の博物館」と呼ばれるほど

 

 

立派な鯉のいる池を取り巻くように、ガラス面やコンクリート壁に、

ずらりと展示されています。

 

 

GABOMIさんは1978年生まれ。独学で写真を撮りはじめ、

2011年、100周年を迎えることでんの依頼により、ことでん仏生山工場を撮影することに。

GABOMIさんのホームページはこちら

 

ご本人にお会いすると、とてもエネルギッシュで、冗談もよく飛び出す明るい女性でした。

ことでん仏生山工場は、地元の人にもあまり知られていない存在だったそう。

でもいざ中に入ると、ここでは、首都圏で廃車となった古い電車を、

整備士さんたちが高い技術でメンテナンスをし、足りない部品は手作りして補い、

新たに蘇らせる作業が営々と行われていました。

 

その仕事にすっかり魅せられたGABOMIさんは、当初3日程度の予定だった撮影日程を

大幅に延長して、約1年もの間通い続けることになったそうです。

 

そうして撮影された写真には、整備を待つ電車、使い込まれた工具、

働く男たちの真剣な表情、油のしみこんだ工場内のたたずまいが

淡々と、けれど慈しみをもって克明に刻み込まれています。

 

そして写真の風合いとでも言うのでしょうか、陰影のやわらかさ、

金属の鉛色や赤茶色に所々差し挟まれた赤、黄、青の美しさは、

鉄道のことをよく知らなくてもため息が出そうなほど。

 

 

ぜひ、美術館と図書館セットでお出かけください。

一見の価値ありです。

 

 

「リサとガスパール&ペネロペ展」

会  期:2013年7月6日(土)~ 9月29日(日)

開館時間:10:00~19:00(入館は18:30まで)

休  館  日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

〈インターネット入館割引券〉

 

 

 

 

Comments closed