18. 7月 2013 · 第4回清須アートサポーター はコメントを受け付けていません。 · Categories: リサとガスパール&ペネロペ展, 展覧会

2013年7月18日(木)

 

今日は清須アートサポーター第4回目。

開催中の特別展「リサとガスパール&ペネロペ展」の鑑賞と広報活動をしました。

 

実は、アートサポーターのメンバーが、

「リサとガスパール&ペネロペ展」を見るのは、今日が初めてではありません。

 

オープニングの日に、裏方として開会式を強力にサポートしてくれていたのです。

 

↑ 例えばこちらは、お子さんたちが階段をおりる時にそばにいて、

怪我をしないように「ゆっくりおりて」と声がけしています。

 

 

↑ こちらは開会式後に、いよいよ展示室を公開するときの様子。

あらかじめ扉の前にスタンバイして、合図を受けて扉をあける大事な役を担いました。

 

こうして開会式を支えてくれたサポーターの方々ですが、

当日は役目もあって、ゆっくり展示を見られなかったはず。

 

そこで、今日は改めて担当学芸員が時間をかけて展示解説をしました。

みんなで見ているのは『リサとガスパールのピクニック』の表紙。

公園の木影で、リサとガスパールが向かい合って座っています。

 

「あれ、この構図ってどこかで見覚えないですか?」

うんうん、メンバーがうなづきます。

さすが、美術好きのアートサポータですね

これは、19世紀の有名な画家マネが描いた《草上の昼食》のパロディーなのです。

マネの絵をマネして、リサがちゃーんと脚を組んでいるところも見てあげてくださいね。

美術の歴史を知っていると、こうして作品がより深く味わえることも。

 

ペネロペは、絵本に施されたしかけが見どころです。

しくみは、原画と一緒に展示されている構想図や、発刊された絵本を突き合わせて見るのがオススメ。

原画をよく観察すると、しかけ部分には別の紙を貼ってあるので、見つけてくださいね。

 

一通り展示を楽しんだら、場所を移して展覧会の広報活動です。

展覧会のチラシやポスターは、展覧会が始まる1ヶ月ほど前には一度送っています。

ですが、「リサとガスパール&ペネロペ展」は会期が長く、3ヶ月。

そこで、会期途中にも追加でチラシを送るのです。

 

手分けしてチラシの封入作業をした後は、新たな広報先についてアイディアを出し合いました。

ご近所でチラシを置いてくださるお店がないか、子どもが集まる場所はないか、

メンバーの趣味のネットワークや子育ての経験をいかした広報先が出ました。

 

展覧会はこうしたサポーターの下支えによって成り立っています。

サポーターのみなさん、これからもよろしくおねがいします!

 

 

「リサとガスパール&ペネロペ展」

会  期:2013年7月6日(土)~ 9月29日(日)

開館時間:10:00~19:00(入館は18:30まで)

休  館  日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

〈インターネット入館割引券〉

 

 

 

 

Comments closed