19. 9月 2012 · 学芸員のこだわり② はコメントを受け付けていません。 · Categories: 渡辺おさむ展

2012年9月19日(水)

 

前回に引き続き、「学芸員のこだわり」についてのお話。

今回は「キャプション」に注目してみます。

 

英語の「caption(キャプション)」には、「タイトル、見出し」「説明」「字幕」といった意味があります。

美術館で「キャプション」と使う場合、作品のタイトルや作品解説等を指します

 

渡辺おさむ展でも「キャプション」はいたるところで目にしますね。

 

作品の横に長方形のパネルがあります

これが「キャプション」です。

 

今回の「学芸員のこだわり」は、このキャプションの色にあります

よく見てください。

壁の色によってキャプションの色も使い分けています

こちらは真っ黒の壁面です。

作品の横にグレーのキャプションがついています。

壁が真っ黒だと、よくある白色のキャプションでは、作品以上に目立ってしまう危険があります

キャプションはあくまでも作品理解の補助的なものなのです。

 

もう少し近づいてみてみましょう

  

こんな感じです。

渡辺おさむ展は4つのセクションに分かれていて、

各セクションに合うよう壁の色も変えています。

 

キャプションひとつとってみても、その位置や大きさ、色、字体あらゆることを考慮して、

展示空間は作られています。

細かいことの積み重ねが、全体の魅力へつながるのです

 

美術鑑賞の際に、こんなちょっとしたこだわりにも気がつくと

展覧会をより一層楽しめるかもしれませんね!!

 

 

清須市誕生7周年 渡辺おさむ お菓子の美術館

2012年7月7日(土)→9月30日(日)

開館時間:10:00~19:00(入館は18:30まで)

休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

観覧料:一般700円(600円)、高大生600円(500円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments closed