17. 9月 2012 · 学芸員のこだわり① はコメントを受け付けていません · Categories: 渡辺おさむ展

2012年9月17日(月)

 

3連休最終日です。

さすが連休!今日も美術館はとてもにぎやかでした

 

さて、今日は渡辺おさむ展の展示について、学芸員のちょっとしたこだわりをご紹介します。

おさむさんの作品は本物そっくりにお菓子が作られていて、

見ていると思わず触ってみたくなる作品なんです

 

だからといって、作品をガラスケースに入れたり、結界をはると、

作品をじっくり見ることが難しくなります。

展覧会担当者としては、おさむさんの作品のユニークさや美しさと同時に、

細部までこだわった手技にも注目してもらいたいと思いました

では、どうしたらいいか・・・

こんなのが目の前にあったら、触りたくなっちゃいますよね!

特に、小さなお子さまは容赦なく触ったり、時には食べようとしてしまいます。

 

そこで考え出したのが、まずは展示室に入る前に、触りたい欲求を満たすこと

 

おさむさんの作品に使われている細かいパーツをボードにスクラップして、

みなさんにその感触を体験してもらう「素材ボード」コーナーを作りました。

 

さらに、展示室の各所に設置された茶色のプレートに注目です

 

「さわらないでね」「たべないでね」の文字が書かれたこのプレート、よくある板チョコと同じサイズなんです。

そして淵をクリームで装飾しています(もちろん、おさむさんにデコレーションしてもらいました!)。

もうこれだけで作品と同じように、みなさんの注目の的

 

「さわらないでね」という文字は多くの美術館で使われていますが、

さすがに「たべないでね」は見たことありませんよね。

ユニークな注意プレートだとご好評いただいています

 

これら一風変わったプレートのおかげで、大人が一方的に注意するのではなく、

子どもみずから「さわっちゃいけない」「たべてはいけない」と思ってもらえる、

非常に効果的なプレートになりました。

 

展覧会は、作品をただ展示すればよいのではなく、作品をのせる台や展示レイアウト、

細かいサインなど、本当に細部までこだわりぬいて作られています。

今回はそのほんの一部をご紹介させていただきました

 

 

清須市誕生7周年 渡辺おさむ お菓子の美術館

2012年7月7日(土)→9月30日(日)

開館時間:10:00~19:00(入館は18:30まで)

休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

観覧料:一般700円(600円)、高大生600円(500円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments closed