11. 8月 2012 · スイーツデコで絵を描こう! はコメントを受け付けていません。 · Categories: 渡辺おさむ展

2011年8月11日(土)

 

夏休みキッズワークショップ「スイーツデコで絵を描こう!」

14時からの開催にそなえ、午前中から参加者を迎える準備にとりかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはテーブルが汚れてもいいようにシートをかぶせます。

美術館の実践的なお仕事を学びに来ている博物館実習生が大活躍。

 

 

 

 

 

 

 

 

紙皿に、ビーズやハート、星型のパーツなど、たくさんの材料を分けて入れていきます。

キラキラ光るパーツはとりわけ女の子に大人気。スイーツデコには欠かせません。

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、おいしそうなぶどうや木苺といった果物のパーツも。

渡辺おさむさんが用意したアメやクッキー、アイスクリームもあります。

絵の具やパレットも一人ずつに置いておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、参加者の小学3~6年生が集まりました。抽選で選ばれた20名です。

渡辺おさむさんを講師にむかえ、まずは館内の作品を見て回ります。

「細かいデコレーションがしてあるので、よぉ~く見てね、自分たちの作品作りのヒントになるはず。」

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中に準備しておいた部屋に移動したら、子どもたちに作り方を説明します。

まずキャンバスに絵の具で絵を描き、

その上からさまざまなパーツやクリームでデコレーション。

クリームの絞り方も実演してみせます。

 

 

 

 

 

 

 

クローバーやきのこを描いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは黄緑色の葉っぱにクリームでデコレーション!

 

こちらはクリームでパンダができていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

果物などのパーツは、クリームを絞った上にそっとのせていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がったら、お互いの作品を見合いっこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

工夫したところをそれぞれ紹介してもらいました。

みんなよく考えて、世界に2つとない作品に仕上がりましたね。

作品はケーキの箱に大事に入れてもって帰ります。

「まる一日箱に入れたまま乾くまで待ってね。

作った後でもう一度おさむさんの作品をみると、また違って見えるはずだよ。」

 

こうしてワークショップは無事終了。

スタッフと博物館実習生で感想を話し合いながら後片付けです。

 

ワークショップは準備に手間隙をかけて出来上がります。

でも終わった後で、あの時こう声掛けすればもっとよかったと思うこともしばしば。

ただ作るだけでなく、いかに創造性を引き出すか、いかにアートを好きになってもらうか、

そんなことを考えながら毎回ワークショップをつくっています。

 

今回の展覧会ではまだ他にワークショップの申込みを受け付けていますので

ぜひチェックしてくださいね。

 

 

 

清須市誕生7周年 渡辺おさむ お菓子の美術館

2012年7月7日(土)→9月30日(日)

開館時間:10:00~19:00(入館は18:30まで)

休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

観覧料:一般700円(600円)、高大生600円(500円)、小中生300円(200円)

※( )内は前売および20名以上の団体料金

※前売り券はローソン(Lコード:40396)で販売

※各種障害者手帳提示者および付添人1名は無料