08. 2月 2014 · 打田宗平展 アーティストトーク はコメントを受け付けていません。 · Categories: 展覧会

2014年2月8日(土)

 

全国的に大雪だった今日、清須でもめずらしく3センチほどの積雪。

朝から、あたり一面真っ白で、桜の木々も、寒さに身を縮めているようでした。

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

そんな中、開催中の展覧会「打田宗平展」のアーティストトークを開催しました。

悪天候の中でも、聞きに来てくださった皆様に感謝です。

 

Exif_JPEG_PICTURE←作品について語る打田さん

 

本展では、2006~2014年に描いた油彩画10点を展示しています。

その1点1点について打田さんが説明し、会場の来館者からコメントをもらう形式でトークは進みました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

↑ これは《先駆者のゆくえ》という作品。

背丈を越える大きな画面に、打田さんのご自宅の台所を描いたものです。

でも、ダイニングテーブルの上にはなぜか孔雀が。。

このちょっと現実離れした幻想的な設定は、打田さんの作品に時々見られる特徴です。

打田さんは、ドイツの画家ミヒャエル・ゾーヴァが好きで、

その空想の入り混じった、ちょっぴり不思議な作品に触発されて描いたのだそうです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

↑ こちらはずばり《富士山》。本展開幕直前に描きあげた、最新作です。

金の空にそそり立つ緑の山が鮮やかな作品。

これまでとはまた一風変わった画題、そして描き方になっています。

この作品が、今後のターニングポイントになるのでしょうか。

 

Exif_JPEG_PICTURE

↑ こちらは、「清須市第7回はるひ絵画トリエンナーレ」で優秀賞を受賞した《もう一つの神話》。

画面中央に、ひまわりが一本立っています。

自分の中のひまわりのイメージを逃すまいと、2日ほどで一気呵成に描きあげたんだそうです。

様々な角度から打ち込まれた筆が、画面全体を荒れ狂うように走っているのが分かります。

このエネルギーのほとばしりを、ぜひ体感していただきたい作品です。

 

Exif_JPEG_PICTURE

↑ こちらは4点からなる《通学路の丘》という大型作品。横9メートルに及びます。

通っていた大学から見た風景にインスピレーションを得て描いたそうです。

画面の隅々を満たす気迫が伝わってきます。

竜がひそんでいるらしいので、どうぞ探してみてください。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

作品を間において、言葉のやり取りをし、考えや思いを伝える。

その大切さを再確認できたアーティストトークでした。

作品を描いた作家も、それを見る人もお互いそれぞれの立場で発見があったはず。

 

アーティストシリーズに出品してくださった作家さんすべてに当てはまるのですが、

展示の際、どの作品をどういう順番で並べるのか試行錯誤したこと、

来館者に自分の作品をどのように説明するかを考えたこと、

そして展示された作品とじっと向き合って考えたこと、

それらを糧として、力強く次に進んでくれることを願っています。

 

 

 

 

【開催中の展覧会】

清須市はるひ絵画トリエンナーレアーティストシリーズ Vol.73 打田宗平 展

会期:2014年1月30日(木)~2月15日(日)

開館時間:10:00~19:00

休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)

観覧料:一般200円 中学生以下無料

 

 

 

 

Comments closed