27. 12月 2012 · 洞窟の雰囲気 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 展覧会

2012年12月27日(木)

 

今年はクリスマス頃から旧に冷え込み、風が冷たい年の瀬となりましたね。

 

さて、以前のブログで、ブライアン・ウィリアムズ展に備え、

木組みを作り、重石をたくさんのせて準備したことをご紹介しました。

詳しくはこちら

 

その後、ここはどうなったでしょうか。

 

ここには、本展覧会でいちばん重く厚みのある作品を展示しました。

まずは作品の到着です。大きなトラックに厳重にくるまれてやってきました。

10人以上の男性たちが、バランスをとりながら荷台からおろします

作品の後ろに取り付けられている支柱をもって、

そのまま人力で館内に運び込みました

 

先ほどの木組みは、きれいに壁紙を張ったバックパネルに仕上がっています。

パネルの色は、背後のコンクリートの色となじむ灰色をチョイス

 

せーのっ!

掛け声を合図に、ずっしりと重たい作品をみんなでもちあげます。

 

バックパネルの裏側では、別のスタッフ2人がスタンバイ。

作品が落下しないよう、器具を使って固定していきます。

狭い空間での重要な仕上げ作業です。

 

こうして、当館では前例のないほど重く大きな作品も、

無事美術館の一角に収まりました。

場所は階段の下。

ちょっぴり暗く奥まった場所ですが、それにはわけがあるんです

 

描かれているのは原始時代の洞窟壁画。

ヒトが描いた最古の絵画とされるショーヴェ洞窟です。

表面のでこぼこから、描かれた動物の色、かたちまで再現されています。

 

描かれた当時の、薄暗い洞窟の雰囲気を少しでも感じて欲しいというブライアンさんの希望で、

あえて階段の下の、ほら穴のような空間を利用して展示しました。

この作品だけは、写真撮影もしていただけますので、ぜひどうぞ!

 

お知らせ

・年末年始は12月29日~1月3日まで休館します。

・1月4~6日は、「親子おしゃべりデー」

多少にぎやかになってもOK。お子様とのおしゃべりを楽しみながらご鑑賞ください。

 

 

曲面絵画 ブライアン・ウィリアムズ展 ―眼はこのように風景を見ている―

会期:2012年12月7日[金]~2013年2月15日[金]

時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

     年末年始(12月29日~1月3日)

 

 

 

 

Comments closed