14. 12月 2012 · 曲面絵画ってどうやって作っているの? はコメントを受け付けていません · Categories: 展覧会

2012年12月14日(金)

 

曲面絵画 ブライアン・ウィリアムズ展が始まってから一週間。

平面ではなく、波打つような曲面に描かれた、ちょっと他にはない「曲面絵画」。

この一風変わった「曲面絵画」の構造が、お客様のご興味を強く引いているようです。

 

昨日、クローバーTVの取材がありました。

記者の方も、「曲面絵画」ってどうやって作っているのですかと興味津々。

 

「曲面絵画」の支持体は、キャンバスではなくて、おもに曲げパネル。

ベニヤ板を何枚か重ねて接着材をぬり、徐々に圧をかけて変形させます。

描きたい風景の構図が決まったら、それに合わせて効果的な遠近感が出るように板を曲げ、

ふちをなめらかにヤスリがけしたうえで、油彩で描いています。

 

 

展示作品のうち、今日は選りすぐりのものを撮影してもらいました

 

以下の日時に放送されますので、エリアの方はぜひご覧くださいね

・12/14     9:00, 12:00, 18:00, 21:00  「デイリートピックス」

・12/15-21 13:00, 23:30  「ウィークリートピックス」

 

 

 

曲面絵画 ブライアン・ウィリアムズ展 ―眼はこのように風景を見ている―

会期:2012年12月7日[金]~2013年2月15日[金]

時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

     年末年始(12月29日~1月3日)