08. 12月 2012 · アーティストトーク はコメントを受け付けていません。 · Categories: 展覧会

2012年12月8日(土)

 

曲面絵画 ブライアン・ウィリアムズ展、2日目。

今日は、作家自ら作品について解説するアーティストトークを開催しました。

 

 

ブライアンさんは日本に来て今年でちょうど40年。

日本人の私たちもびっくりするほど巧みな日本語で、

集まった来館者に分かりやすく作品について語ってくれました。

 

 

なぜブライアンさんは平面ではなく「曲面絵画」を考案したのでしょう

 

普段は意識していないけれど、実は私たち人間の視野は球体なんだそうです。

目玉は球体だし、手を伸ばして回せば円が描けます

自然界は曲線に満ちている。直線など一つもありません。

視線だって直線的に動くのではなく、カーブを描いて動いている

このことに気づいたことがきっかけで「曲面絵画」が誕生したというわけなんです。

 

 

画家はものの見え方について人一倍敏感です。

いったい、人は風景をどのように見ているのか。

知覚や視野について、絵を描きながらさまざまに思いをめぐらせたことでしょう。

 

高校生時代のブライアンさんの夢は、将来科学者になること。

絵描きになってもなお、理系の発想が染みついていて、視覚を科学的に分析しているとおっしゃっていました。

 

明日もアーティストトークを開催します。

新しいことに挑戦することをやめない、バイタリティーにあふれた

ブライアンさんの話を聞けば、元気をもらえるに違いありません。

 

 

画集購入の方には、ブライアンさんがサインをしてくれます。

ぜひお出かけください。

 

 

曲面絵画 ブライアン・ウィリアムズ展 ―眼はこのように風景を見ている―

会期:2012年12月7日[金]~2013年2月15日[金]

時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

     年末年始(12月29日~1月3日)

 

 

 

 

Comments closed