24. 8月 2014 · あそびプログラム「さわってつたえる」 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 展覧会

2014年8月24日(日)

 

今日は以前ご紹介した愛知県児童総合センターの「あそびプログラム」の第3弾

タイトルは「さわってつたえる」でした。

今回は午前も午後も同じプログラム。さてさて、どんな一日になったのでしょうか。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

まずはスタッフミーティング。今日のプログラムの内容や役割分担など確認していきます

今回は、図書館スタッフ、美術館アートサポーターがスタッフとして参加してくれました

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

このプログラムは、ムナーリの作品『目の見えない少女のための触角のメッセージ』からヒントを得て、

愛知県児童総合センターで開発されたものです。

ムナーリは目の見えない少女と文通するための方法として、「触覚」に注目してこの作品を作りました。

普段見慣れた「たわし」や「ひも」が、目を閉じて触ってみると、目で見ていたときとは異なる「もの」に感じます。

目が見えている私たちは、つい「視覚」に頼ってしまいがちですが、「触覚」を頼りに物事に触れてみると

新しい世界が広がることを、ムナーリは教えてくれていると思います

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

こちらの写真は、朝一の参加者のみなさんです。

満員御礼ありがとうございます

まずは、みんなで「触覚」に慣れてみましょう!

ということで、円になって目を閉じて、さまざまな素材を触っていきます。

もうみんな大はしゃぎ!「ざらざら」「ごつごつ」「つるつる」「ぺたぺた」「ちくちく」・・・

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

いろんな感じを体感し、「触覚」に慣れたところで今日のプログラムの説明です

「さわってつたえる」は、いくつかのミッションがあり、それをこなして最後まで到達したら、

「音カン」という装置をつかってミッションの成果を音声として記録して自分で聞いて楽しむというもの。

 

と、書いてもいまいちピンときませんよね

 

詳しくご紹介します

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

①てざわりテープ

まず、「てざわりBOX」と呼ばれるBOXの中から好きな手触りの素材を5つ選びます。

選ぶときは絶対に中を見ないこと!あくまでも「触覚」を頼りに、「コレ!」と思ったものを選びます

ちなみに、中身は右の写真のような端切れや革、クロスなど、さまざまな素材です。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

②もじテープ

てざわりの素材を選んだら、てざわりテープと一緒に、

「もじテープ」という四角いマスが5つ印刷された紙をバインダーに綴じます

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

③準備ができたら、あとは図書館内を散策

図書館の各所に写真のような箱がたくさん設置されています。

穴の中に手を入れて天井を触ると、てざわりBOXに入っていた素材と同じものが貼り付けてあります。

自分が5つ選んだ素材と同じBOXをみつけたら、その素材の横の文字テープのマスのなかに

BOXにかかれた平仮名を書き込みます

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

こんな感じで、みなさん必死でした

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

こちらは完成したもの

上から文字を読んでいくと「みょかてぷしょ」「たちきゅざす」「とぷろまる」「ちゅのじょまみ」・・・・

まるで呪文のようですよね

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

④そこで、この「呪文」を蓋を開けた音カンに吹き込みます。

蓋を閉じて、カンの底に耳をあてると・・・

自分の声が何度も何度も繰り返し聞こえるのです!

なんと不思議な装置

これがやりたくて?!何度も参加してくれた子もいましたね

 

ざっとこんな感じのプログラムです。

なかなか準備が大変なプログラムですが、それだけに参加者の満足度は高いはず

 

説明を聞いた参加者のみなさん。いざ、挑戦

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

てざわりBOXの穴が大きかったせいか、中を覗き込む子もいて、スタッフは必死で食い止めていました

見えないとなおさら見たくなるのが人間の心理。。。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

大人も子どももみんなしゃがみこんで「触覚」を研ぎ澄まします。

図書館ではなかなか見ることのできない光景

この様子を見て、図書館に来館されているお客様も多数ご参加いただきました!

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

「できたよ!」と元気いっぱいに持ってきてくれたみんな。

おそるおそるカンに「呪文」を吹き込みます。

なんだか「王様の耳はロバの耳」のお話を思い出しました。

そして、また、おそるおそる耳をすまして聞いてみますうまく聞こえたかな?

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

大人の方も童心にかえって参加してくださっていました。

図書館に勉強に来たという上の写真の方々。楽しんでいただけたようでよかったです

 

Exif_JPEG_PICTURE

参加者の「てざわりテープ」と「もじテープ」はそのまま残して、窓ガラスに貼ってあります。

ずらっと並ぶとそれだけできれいですし、同じ呪文は一つもない文字テープを眺めているのもまた楽しいです。

ムナーリ展会期中貼ってありますので、図書館にいらした際は是非チェックしてみてください

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

最後はみんなでお方付け。

あれ?アートサポーターに混じって、小さなサポーターも3名ほど

参加してくれた双子の兄弟とそのお姉ちゃんが手伝ってくれました。

とっても楽しかったみたいで、何度も参加してくれたかわいらしい姉兄弟でした。

お手伝いありがとう

 

今日で愛知県児童総合センターの「あそびプログラム」は3種類終了しました。

残りの2種類「よめない文字」「ひかり・いろ・かたち」は9月7日(日)開催します!

展覧会とあわせて是非ご参加ください。

ムナーリのことがもっともっとよくわかるはずです。

 

 

【開催中の展覧会】

特別展 ブルーノ・ムナーリ アートのなかの遊び

会   期:2014年7月5日(土)~9月28日(日)

開館時間:10:00~19:00(最終日18:30まで)

休  館  日:月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日が休館)

〈インターネット割引券〉

 

 

 

 

Comments closed