20. 9月 2013 · 第6回アートサポーター はコメントを受け付けていません。 · Categories: 教育普及

2013年9月20日(金)

 

今日は月に一度のアートサポーターの日。

いつものように、最近おとずれた展覧会を紹介してもらい、情報交換します

Exif_JPEG_PICTURE

 

それから担当学芸員が次回展覧会の内容をお話し、

みなさんに刷り上ったチラシを見てもらいました

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

次回の企画展は「歌舞伎 | 変身」

歌舞伎の奥深い世界を、「変身」をキーワードに見ていこうというユニークな展覧会です。

そこで、チラシのメインビジュアルに使った作品も、一風変わっています

Exif_JPEG_PICTURE

役者が丸い鏡台の前に座っています。

その左側には、歌舞伎に登場する様々な役のかつらが並んでいます。

そう、舞台に立つ前に、かつらをつけ、化粧をして準備する場面

これからまさに「変身」して役に扮するところですね

それを、着せ替え人形のようにして、

役者のかつらを取り替えて遊ぶことができる錦絵なのです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

他にどんなものを展示するのか、サポーターのみなさんには一足先にご披露しちゃいます。

上の写真では、担当学芸員が「隈取」の本を広げてみなさんに見せています

今回の展覧会では、御園座所蔵の隈取を数点展示予定のため、

ちょっとだけ、隈取についてのお話をしました

 

「隈取」とは歌舞伎独特の化粧のことで、赤色や藍色系統の線が顔に描かれます。

赤い筋はスーパーマン的な英雄を、黒や藍色の筋は悪者を表したり、

役柄によって線の太さや数などもかわります

 

こんなふうに、化粧ひとつとっても見る者にさまざまな楽しみを与えてくれる歌舞伎。

本当に奥が深いのです

今回の展覧会は、歌舞伎初心者の方に是非見ていただきたい内容となっています。

歌舞伎は難しいから・・・と敬遠されていた方にこそ、足を運んでいただきたい

歌舞伎の面白さの一旦に触れていただきたい

そんな熱い思いを、延々とサポーターのみなさんに語った担当学芸員でした

 

Exif_JPEG_PICTURE

随分長く話し込んでしまったので、いつものようにブレイクタイム

休憩の後は、歌舞伎展関連のトークイベントチラシのデザイン案を見ながら、

さまざまな意見を出し合いました。

 

みなさん、いつも的確なご意見ありがとうございます!

展覧会オープンまであと少し、がんばります

 

 

 

【開催中の展覧会】

「リサとガスパール&ペネロペ展」

会   期:2013年7月6日(土)~9月29日(日)

開館時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休  館  日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

〈インターネット入館割引券〉