16. 9月 2013 · 三輪哲スペシャルトーク「親子で楽しむ絵本の魅力」 はコメントを受け付けていません。 · Categories: リサとガスパール&ペネロペ展, 展覧会

2013年9月16日(月)

 

今日は「リサとガスパール&ペネロペ展」関連イベントとして、

絵本にまつわる、スペシャルトークを開催しました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

お話くださったのは、日本で初めて子どもの本専門店「メルヘンハウス」を

名古屋に設立された三輪哲(みわ・てつ)さん。

お店を立ち上げたのが1973年だったので、今年でなんと、まる40年

現在も多くの人たちに愛され続けているお店です。

 

今日は、たくさんの絵本を実際に示しながらお話が進みました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

客席にはお子さんもちらほら。

三輪さんは、子どもたちに読み聞かせをするように語りかける場面も。

子どもは身を乗り出すように聞いていました。 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

三輪さんは、まだ「読み聞かせ」という言葉もなかった時代に、

お店にやってくる子どもを捕まえては「本を読んであげるよ」といって

絵本の世界にいざなっていたそうです。

 

そうして、子どもの反応を観察することからすべてが始まっています。

いい絵本は、子どもの素直な反応で分かるんだそう。

 

Exif_JPEG_PICTURE

長年、直に子どもと絵本に関わってきた経験から、

子どもの高い観察力や想像力に驚かされた豊富なエピソードが飛び出します。

 

何度も何度も同じ絵本を読んでとせがむ子ども。

読むたびに、あるページをじ~っくり見つめる子ども。

絵本の主人公になりきっている子ども。

子どもは全身全霊をかけて絵本を見ています。

そんな子どもたちに、いい加減な本は渡せないんです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

子どもは、絵本をパスポートに、日常から非日常へと旅します。

だから絵本は、現実の生活に役に立つかどうかではなく、

子どもの琴線に触れ、想像力を豊かにはぐくむかどうかで選んでほしい。

子どもが心から喜ぶ本を読ませてあげてほしい。

 

三輪さんは終始その軽妙なトークで場を和ませ、リアルな体験談で聴衆をひきつけていました。

ユーモラスな中にも、芯の通った、大事な話を聞かせてもらい、

改めて、幼少期に出会う絵本の大切さを感じたひと時でした。

 

現在開催中の「リサとガスパール&ペネロペ展」では、

お父さん・お母さんが、子どもに絵本を読み聞かせている場面をよく見かけます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

こうして、子どもたちが絵本を通して想像力の羽を思いっきり伸ばし、

はばたいていってくれますように。 

 

 

 

【開催中の展覧会】

「リサとガスパール&ペネロペ展」

会   期:2013年7月6日(土)~9月29日(日)

開館時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休  館  日:月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)

〈インターネット入館割引券〉

 

 

 

 

 

Comments closed