16. 6月 2015 · はるひ絵画トリエンナーレ「美術館賞」発表! はコメントを受け付けていません。 · Categories: はるひ絵画トリエンナーレ

2015年6月16日(火)

 

4月19日から始まった「はるひ絵画トリエンナーレ」。6月7日をもちまして閉幕いたしました

会期中にはたくさんのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました

 

「はるひ絵画トリエンナーレ」は、平面作品であるということと、サイズの制限はありますが、

誰もが自由に参加できる公募展です

性別や年齢、描き方もさまざま。鑑賞者にもいろいろな思いがわきあがります。

作家さんや学生さんのなかには、制作活動の刺激になった方もいらっしゃるのではないでしょうか

次回は3年後。みなさまのご応募、お待ちしております!!

 

さて、会期中に美術館の玄関付近に置いてあった投票箱・・・

DSC_0277

DSC_0278

ご来場いただいたお客様に、美術館に展示してある作品のなかからお気に入りの1点を選んでいただく

「美術館賞」の投票をおこなっておりました

総数683票ものたくさんの投票をいただきました。ありがとうございます

集計結果が出ましたので、発表いたします!

 

【美術館賞】

矢島史織 《Monster》 53票

590mini

 

野中洋一 《海辺の療養所》 53票

694mini

 

なんと同票数で2点の作品が選ばれました!!おめでとうございます!

光と影をテーマに、清らかな色彩でかわいらしい子どもを描いた《Monster》。

療養所をバックに、ざわめく草木を黒いペンと墨でびっしりと描き込んだ《海辺の療養所》。

どちらもとても魅力的な作品ですね

 

審査員による評価とは別に、

自分がどんな作品のどんなところに惹かれるのか、ということを考えながら作品を鑑賞することは、

美術館を楽しむコツの一つでもあります

これからもぜひ、美術館で「自分のお気に入り」を探してみてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments closed