28. 8月 2014 · 博物館実習6日目 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 教育普及

2014年8月28日(木)

 

博物館実習6日目は、昨日と今日の2日間に分けて少人数制で実施しました。

今回は「ギャラリートーク」「作品調書と作品の扱い方」について

 

1日目は2名の実習生で実施しました。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

このように、実習生が学芸員になったつもりで、開催中の展覧会を案内してくれます

それぞれ対象は誰なのか、人数は何名くらいなのかなど設定します。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

トーク後はみんなで講評会

どこが良かったのか、悪かったのか。もっとこうしたらより良くなるのでは?!

人のいいところや悪いところを見極める力も必要です

とはいえ、「言うは易く行うは難し」で、実習生に指摘しながらもわが身を振り返り反省したり・・・

学芸員も日々勉強、そして成長しなければなりません

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

2日目のメンバーもそれぞれ工夫を凝らした発表をしてくれました。

ムナーリについて勉強し、なおかつそれを他人にわかりやすく説明をする。

想像以上に難しかったのではないでしょうか

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

講評会も熱が入ります。

一生懸命準備をしてきたからこそ、できなかったことや困ったことなどもどんどん意見として出てきました

人前で話すこと自体、みなさん普段あまりしないことなので大変だったと思います。

厳しい指摘はたくさんしましたが、必ずどこかで生きてくるはずです

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

2日間とも、午後は収蔵庫に入り作品の扱い方や調書の取り方を学びました。

人生初の収蔵庫。木のいい香りと快適な温湿度に実習生からは驚きの喚声があがっていました

収蔵庫はとにかく作品を守らなければならない場所。万全の状態を保っていなければなりません。

ひととおり収蔵庫の仕組みを説明したあとは、作品を取り出し「調書」の取り方を説明しました。

「調書」とは、作品の状態を記述すること。作品を管理する上では基本中の基本

 

時間をかけてじっくり観察し、作品のコンディションをチェックしました。

ギャラリートークに作品調書、博物館実習6日目もおつかれさまでした

残すところあと1日。がんばりましょう

 

 

 

【開催中の展覧会】

特別展 ブルーノ・ムナーリ アートのなかの遊び

会   期:2014年7月5日(土)~9月28日(日)

開館時間:10:00~19:00(最終日18:30まで)

休  館  日:月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日が休館)

〈インターネット割引券〉

 

 

 

 

Comments closed