27. 11月 2012 · ポスターのできるまで。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 展覧会

2012年11月27日(火)

 

まちなかの展覧会のポスターやチラシを見かけて、「知らない作家さんだけれど、

なんだかステキな感じがするから行ってみようかな。」と思ったことはありませんか?

 

ポスターやチラシは、展覧会のイメージ作りには欠かせないもの。

各美術館は、展覧会ごとに、内容に合わせてデザインや紙にもこだわり、印刷物を作っています。

 

当館の次回展覧会では、平面ではなく曲面に風景画を描く、ブライアン・ウィリアムズさんを紹介します。

その名も「曲面絵画」

でも、ポスターやチラシにそのまま作品画像を掲載すると平面的になり、

実際の曲がりぐあいや迫力がうまく伝わりません。

(なぜ曲面に描くのかは、後日お話します。)

 

そこで私たちは、ポスターに手を加えて、作品が立体的に浮かび上がって見えるようにしました。

何をしたかというと、作品の輪郭線に沿って、一部をカットしたのです!

 

音頭をとったのは当館館長。 細かい作業もなんなくこなします。

印刷会社から納品されたB2サイズの四角いポスターを、

作品の輪郭に合わせて、一部カッターで切り落としていきます。

 

ただ、ブライアンさんの絵画は、一般的な四角い形ではなく、優雅な曲線を描いていますので、

定規も普通のものでは役に立ちません。

そこで活躍したのが、デザイナーである館長が愛用する、曲線専用の定規。

 

右の木製の定規は、館長がお父様から譲り受けて使っているもの。

ちょっぴりレトロでステキな道具ですよね。

 

たくさんの定規の中から作品の微妙なカーブにあうものを選び出し、慎重にそして手早く裁断していきます。

ぴったりのものがない場合は、硬く丈夫な紙を使って、その場で定規を作ります。

 

こうして出来上がったのがこちら!

どうでしょう?作品の上端と下端がそりあがっている感じが伝わるでしょうか。

 

山形の難しいカーブを館長がカットし、左の直線を学芸員が二人がかりでカット。

そしてスタッフ総出で仕分け作業をしました。

 

まちで張り出されているこのポスターを見かけたら、ぜひご注目ください

 

 

【次回展覧会】 「曲面絵画 ブライアン・ウィリアムズ展」情報はこちら ↓

http://www.museum-kiyosu.jp/exhibition_info/brian_williams.html

 

 

 

【開催中の展覧会】

清須市はるひ美術館収蔵作品展

会  期:2012年11月7日(水)~12月2日(日)

時  間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)

休館日:月曜日

観覧料:一般 200円

 

 

 

 

Comments closed