カテゴリーイメージ:展覧会情報
展覧会情報
年間スケジュール
過去の展覧会

展覧会情報

清須市はるひ美術館 収蔵作品展 はるひ絵画トリエンナーレ 大賞作品展 1999-2015

清須市はるひ美術館は開館当初から、全国から絵画作品を募集する公募展を開催しています。1999年におこなわれた記念すべき第1回展「夢広場はるひ絵画展」では、アートの最前線で活躍する専門家を審査員に迎え、197名から278点の作品が寄せられました。その後、名称や開催周期の変更、市町村合併にともなう運営体制の変化、審査員の交代などを経ながらも、少しずつ知名度を上げ、現在では新進作家の登竜門のひとつとしてレベルの高さを誇ります。

2015年の第8回展では、506名から1,021点の応募があり、応募人数・作品数ともに過去最多となりました。厳しい審査をくぐり抜けた上位入賞者たちのなかには、本公募展を機に才能を開花させ国内外で活躍する作家も多く、それぞれの作家にとって意義ある実績のひとつとなっています。

今回の収蔵作品展では、第1回~第8回の公募展で大賞に選ばれた8点を展示します。これまでの変遷をたどりつつ、2018年に迎える第9回展にご期待いただければ幸いです。

会 期 2017年12月20日(水) ~ 2018年3月11日(日)
開館時間 10:00~19:00 (入館は18:30まで)
休館日 月曜日 (ただし祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)、
12月29日~1月3日、1月18日~20日、2月14日~16日
観覧料 一般 200円(160円) 中学生以下無料
 ※(  )内は20名以上の団体料金
 ※各種障害者手帳提示者及び付添人1名は無料
 ※企画展「清須市はるひ絵画トリエンナーレ アーティストシリーズVol.84~86」と
   合わせてご覧いただけます。
原田章生《犬の力》1999年

原田章生《犬の力》1999年

興津眞紀子《光と希望》2015年

興津眞紀子《光と希望》2015年

[ 出展作品 ]

展示室1

No. 作家名 タイトル 制作年 技法・材質 サイズ(縦×横cm)
1 原田 章生 犬の力 1999年 油彩、テンペラ 162.1×130.3
F100
2 中島 葉子 afterimage 2001年 油彩、キャンバス 162.0×112.0
P100
3 森川 美紀 Jiufeng[ジウフェン] 2002年 油彩、綿布 162.1×162.1
S100
4 鈴木 雅明 街灯 2005年 油彩、キャンバス 162.0×130.3
F100
5 カミムラ ケイサク 羽化406 2006年 墨、綿布 162.0×162.0
S100
6 上田 暁子 世界は大きな花束でもある 2008年 油彩、キャンバス 130.0×162.0
F100
7 源馬 菜穂 contact 2010年 油彩、キャンバス 162.0×130.0
F100
8 興津 眞紀子 光と希望 2015年 アクリル、水性ペン、キャンバス 162.1×162.1
S100
このページの先頭へ